5000164 is here
2013-04-01

「あんたが怯えるから相手も怯えるのよ」という言葉を考えて頭に染み込ませる

はじめに

先日、友達にある漫画をすすめられて読んでいたらその中に

「あんたが怯えるから相手も怯えるのよ」

という言葉がでてきました

この言葉が頭の中をふわふわしているので、しっかり考えてすっきり頭に染み込ませたいと思います

省略されている言葉を埋める

「あんたが怯えるから相手も怯えるのよ」という言葉には省略されている言葉があると思います

なのでまずはそれを自分なりに埋めてみます

 

「あんたが(相手のことを)怯えるから相手も(あんたのことを)怯えるのよ」

軽く埋めるとこんな感じ

 

「あんたが(相手のことを)怯え(て自分を守ろうとす)るから相手も(あんたから自分を守ろうとして)怯えるのよ」

もっと埋めるとこんな感じ

 

「あんたが(相手のことを)怯え(て自分のことを守るために攻撃しようとす)るから相手も(あんたから自分を守るために)怯えるのよ」

さらに自己解釈するとこんな感じ

なぜ自分が怯えると相手も怯えるのか

人間は自分を守ろうとします

自分を傷つけないようにします

自分を傷つけようとするものを攻撃します

 

自分が相手に対して怯えると、相手から自分のことを守ろうとします

相手から自分のことを守ろうとして、相手のことを攻撃します

それは、態度や行動に現れます

 

そして、その態度や行動を相手が感じると、「攻撃されている」と自覚すると、相手も自分を守ろうとします

その結果、相手も攻撃していることを態度や行動で示します

 

あとは、その繰り返しです

なぜ怯えるのか

それはきっと経験だと思います

経験が足りない

もしくは

過去に傷つけられたことがある

そのどちらかだと思います

どうすれば怯えなくなるのか

それもきっと経験だと思います

相手を信用するのは難しい

ましてや自分が傷つくかも知れないという状況で

 

ではどうすれば経験が積めるのか

それは段階を踏んで徐々にやっていくしかないと思っています

いきなり治るようなことでもないです

大事なのは、治そうと意識していることだと思います

この言葉に対する想い

私も相手を怖がります

知らない人と話すのは怖い

嫌な人と話すのは嫌い

 

相手のことを知りたいと思うのならば、自分のことも知ってもらうことが必要です

そして、そのために努力をするべきです

まとめ

最近何作品かの漫画を読んで感じたことは

けっこーみんな言いたいことは一緒なんだな、という安心感でした

やっぱり人は不安で

でもそれを埋めたくて

自分にできる範囲で

手が届く範囲で

精一杯手を伸ばしていくということです

 

自分のためにも

自分のための相手のためにも

まずは自分が少しでも笑顔になるようにがんばろうと思ったのでした