5000164 is here
2013-06-10

神様が言う『自分で考えろ!』という言葉の意味と具体例を考えた

# 言葉との出会い伊坂幸太郎の重力ピエロという作品の中で、神様に『自分で考えろ!』と言われるシーンがあります。

私には衝撃的な言葉でした。

そしてすごく魅力的でした。

魅力的すぎて、会社に入社した時の新人歓迎会の時にこの言葉を使った記憶があります。

新人から一言ずつ、と言われてなにも考えていなかった私は即興で、

伊坂幸太郎の重力ピエロという作品の中で、主人公の父親が悩み事があって神様に相談するシーンがあります。

その時神様は、その父親に対して『自分で考えろ!』と言います。

大事なことは自分で考えて決めることだと。

私も自分で考えて決められるようになりたいです。

よろしくお願いします。

と、たぶんこのようなことを言ったはずです。

当時の上司の方が、即興でああいうことを言えるなんてすごいな、と褒めてくれたのを覚えています。

嬉しかったです。

今思うとその上司の方にはよく褒めてもらっていました。

というわけで、この言葉の意味を考えたいと思います。# 言葉の意味神様に言われる自分で考えろという言葉の意味、それは、悩め、本気になれ、そうすればどんな結果でも受け入れられる。

そういう意味だと思います。

自分にできる最善を尽くしたなら、あとは神様の気まぐれでものごとは決まるというものです。

人事を尽くして天命を待つ、ですね。

自分で考えるということは、やるべきことをやる、そして結果を受け入れるということです。

そしたら神様もあとは面倒を見てくれるはずです。

決して自分だけで全責任を負う、という意味ではありません。

最善を尽くすという意味です。

最善を尽くしてもだめだったんなら、きっとそれはだめだったということでしょう。

自分で考える、そして決める、ということが大事なのです。

あとはなるようになります。# 言葉の具体例では自分で考えるというのは具体的にどうなるのか。

それは私の実体験から考えます。## 女の子と飲みに行きました私は女の子に慣れていません。

女の子と飲みになんていったら挙動不審です。

なんか相手に失礼をしてないだろうか、とか考えてしまいます。

そしてつい「迷惑じゃなかった?」と聞いてしまったのです。

まあこの愚かしい質問の非難は置いておいて、先に進みます。

「迷惑じゃなかった?」という質問の答えは「相手にばかり答えを求めないで、自分で考えることも必要だよ?」というものでした。

これを聞いた時は目からうろこでした。

そうか、そういうことかと独り合点していました。

これが自分で考えるということなのかと。## 飲みを思い返してみれば突然誘っても二つ返事でOK。

相談にものってもらえた。

雰囲気も楽しい感じ。

会計の時に、「おれが誘ったしおれが出すよ」と言ったら「割り勘でいいよ」って言ってくれたし。

また飲もうって話になったし。

ここまできて相手に迷惑じゃなかった?なんて聞くのはむしろ失礼というものです。

自分で感じたことから、自分が思うことを考える。

自分がこういう風に感じたということは、相手は迷惑じゃなかったと自分で考えられます。

そしてそれが仮におれの盛大なる勘違いだったとしても、おれは自分で感じて自分で考えた結果なんだから自分を許すべき。# きっと私が怖がっているものそれは自分が勘違いして、何かを間違えて、後ろ指さされるのが怖いのだと思います。

なにあいつ勘違いしてるの?と、そう言われるのが怖いのだと思います。

でも、それも自分の考えた結果なら受け入れるべし。

そして盛大に勘違いしていたらおれの身の回りにいる人がきっと教えてくれると信じています。

すごく痛いよ?と。# そもそも私が欲しがっているものそれはただの安心感です。

相手の口から迷惑じゃないよ、という言質がとりたいだけで。

実際本当に迷惑だったとして、迷惑でした二度と誘わないでください、という人がどれくらいいるでしょうか。

信憑性のない安心感を求めるのはやめましょう。# まとめ自分で考えることは大事。

でもただ自分で考えればいいというわけではなくて、ちゃんと考えて、結果を受け入れること。

もちろん必要なら他人に聞くことも大事。

最善を尽くすことが大事なんですね。

自分が納得できるまで考えずして最善と呼べるものかどうか。

これからも自分で考えられることは自分で考えようと思うのでした。

でもやっぱりわからないことは聞くと思うし、盛大な勘違いをする時もあると思うので、その時はよろしくお願いします。# すごく参考になった記事スランプ対策|クリエイターを成功させる感性が、翌日に自身を苦しめる*ホームページを作る人のネタ帳

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-1090.html