5000164 is here
2013-12-24

青鬼が怖くてコントローラーが持てなくなった - ゲームの感想(青鬼 / Aooni)

※ネタバレ注意

ニコニコで有名らしい青鬼をプレイしてみた

青鬼 / Aooni

青鬼というゲームがあるらしい。

ニコニコ動画ではVOCALOID界隈に生息しているのでその存在を知らなったのですが、興味本位でやってみました。

この時はまだなにも知らなかった。

ビビりすぎてとてもプレイできたものじゃなかった

とりあえずやってみようということになりプレイしたのも束の間、始めて10分でギブアップしました。

理由は怖すぎて操作できなくなったから。

最初はおどおどしながら操作できていたんですが、最初に青鬼と接触してからコントローラー持てなくなりました。

青鬼怖すぎんよ。

なんでこんなに怖かったのか考えた

ゲームだからだ。

この「自分で操作する」っていう動作がゲームへの感情移入を非常に高めている。

感情を移入しすぎた結果、怖くなりすぎて一歩も動けなかったというわけです。

自分では操作できないけど、プレイ動画なら見れる

というわけでプレイ動画を見漁る。

3周見た。

大分慣れてきた。

これならクリアできそう。

改めてプレイしてみた

まあところどころびっくりしましたけど、クリアできました。

クリアしたからゲームの考察をしてみる

ジャンルについて

たぶんクローズド・サークルでのびっくりホラーサスペンス。

びっくり要素は青鬼の出現。

即死トラップがあったりしてびっくりする。

謎解き要素もあるが難しくない。

謎解き要素は寄り道させるのが目的だと思う。

ストーリーについて

ほとんど感じられない。

突然のクローズド・サークルでとりあえず逃げるだけ。

鍵がかかっていたり、ドアが開かなかったりする説明もなし。

ゲーム性ありきで、それにとりあえず軽いストーリーを乗せたという感じ。

青鬼について

伏線のようななにかを匂わせる描写みたいなものはありましたが、特に深い意味はないかと。

特に明確な意図があって動いてるようには感じませんでした。

なんか動いてるものがあったから追ってきた、という感じ。

まとめ

びっくりするゲーム。

ストーリーも謎解きも特にないので、ただびっくりしたいという人向け。

こういうゲームを面白く実況できる人はすごい。