5000164 is here
2014-01-21

自分を紹介するポートフォリオサイトを作った

就職のためにポートフォリオサイトを作りました

Webデザイナーになりたいなら就職活動をするにあたってポートフォリオサイトは必須という情報を得ましたので作りました。

ポートフォリオサイトはこちらです。

正直よくわかりませんでした

とりあえず作ったは作ったんですが、内容をどうすればいいのかさっぱりわかりませんでした。

それは私に実績がないからですね。

実績を紹介して自分のスキルを証明するためにポートフォリオサイトを作ると思うのですが、実績がないとなにを書けばいいのかわかりません。

だから「すごいぽーとふぉりおさいと」を作ればアピールできるのかなと考えていました。

「すごいぽーとふぉりおさいと」は簡単にはできない

簡単にはできないことばっかりやろうとしてると全然前に進めません。

ポートフォリオサイトを作るためにかなり時間をかけましたが、全然完成の目処が立ちませんでした。

そこでポートフォリオサイトに時間をかけるならできることからやろうと思い、とりあえず完成にして別の就職活動をすることにしました。

実績ができたらどんどんポートフォリオサイトに追加していき、充実させる。

就職できなかったら改善する

このポートフォリオサイトが原因で就職できない、という事態に陥ったら改善したいと思います。

まずはできることからやろう。

デザインのポイントはフォントの使い方

デザインの話をしますと、今回はフォントに気を使いました。

実績がないから文章が主役になるわけですが、その文章を映えるものにするためです。

今回は初めて本文に日本語のWebフォントを適用してみました。

日本語のWebフォントは読み込みに時間がかかるため、今まではワンポイントでしか使ったことがありませんでした。

本文に日本語Webフォントは全然いける

思ったよりも時間がかかりません。

このくらいなら私としては許容範囲です。

本文にもWebフォントが使えるとわかったのは収穫です。

やっぱり本文のフォントが1番サイトの雰囲気を左右しますからね。

でも作ったばっかりなのにTypeSquareの¥0キャンペーンが終わっちゃうからデザイン直さなきゃいけないんですよね。

まとめ

とりあえず作る、公開する、だめなら直す、のスタイルの方がどんどん先に進めていいですね。