5000164 is here
2014-10-11

まずは手を動かす - 「TDDBC仙台 4th」に参加しました

「TDDBC仙台 4th」に参加しました

イベントの詳細はこちら。
TDDBC仙台 4th - TDDBC | Doorkeeper
今回の課題と私の組の実装はこちら。
TDD Boot Camp(TDDBC) - TDDBC仙台04/課題
5000164/tddbc-sendai04

参加してよかった

初めて TDD & ペアプロ をやった。
TDD というものを知ってはいたものの、ちゃんとやったことはなかった。
どころかまともにテストコードも書けないので、自分にはまだ早いと決めつけていた。
でもイベントを知った時からすごい良さそうな雰囲気を感じて参加してみた。
参加してよかった。

TDD は開発者を後押しするためのもの

テストという言葉にはいろいろな意味が含まれてしまう。
お互いの共通言語になりにくい。
だから、一度意味をリセットする。
TDD の T とはなにか。
T は Test の T だが、意味合いとしては Checking に近い。
テストを目的毎に区切る。
TDD は開発者をサポートするものである。

ペアプロで助けてもらった

ペアプロも初めてだったけど、思ってたよりもいいものだった。
コードを通してお互いの知見を共有できる。
今回は教えてもらうことの方が圧倒的に多かったのでがんばりたい。
やっぱりペアプロはすきを見てやっていきたい。

TDD をやってみるとけっこう楽しいかも

黄金のサイクルと紹介されていたけど、TDD のリズムがいい感じだった。
まずこれ、次これ、そしたらこれ。
こんな感じでとことこ進んでいく。
一息入れて、んじゃリファクタするか、という感じもいいかも。
なんにせよ、やっぱりまずはやってみたい。
もっと経験を積まないといけない。

他人のコードは勉強になる

コードレビューを全体で行った時に、自分じゃ思い至らない実装や質問が出ていた。
正直、理解できない単語もいくつかあったので、勉強不足だと思う。
実際に、自分よりも上のコードを見れたのはよかった。

自分が書いたコードが動いているという自信

自分に自信がつくのではなく、自分が書いたコードに自信がつく。
TDD をやったら実力がつくというわけではない。
自分の実力は研磨して高める必要がある。