5000164 is here
2015-03-06

FuelPHP のログレベルは INFO の方が DEBUG よりも上

FuelPHP のログレベルは INFO の方が DEBUG よりも上

Fuel の Core の Log クラスに $levels が定義されています。
FuelPHP 1.7.2 で INFO は 200、DEBUG は 100。

なぜ疑問に思ったのか

FuelPHP の config.php の出力するログレベルの設定のところに、

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
/**
 * Logging Threshold.  Can be set to any of the following:
 *
 * Fuel::L_NONE
 * Fuel::L_ERROR
 * Fuel::L_WARNING
 * Fuel::L_DEBUG
 * Fuel::L_INFO
 * Fuel::L_ALL
 */

このように書いてあるので、「INFO に設定したら DEBUG ログも出るのかー」と勝手に思い込んでいたからでした。

実際に動かせばわかる

実際に動かしたら、設定が DEBUG の時はログレベル INFO も DEBUG も出力されたが、設定が INFO の時は INFO が出力されて DEBUG は出力されなかった。

結論

調べるためにドキュメントを読んでいたら、Log::write() で任意のレベルをつけられること、logger() というエイリアスの関数があることがわかった。
この前 l() って関数でログ出力できるようにしたばっかりだったのに、すでに似たようなものがあったとは。
ドキュメントを読むのは大事ですね。