5000164 is here
My writing is my life.
No results for undefined
Powered byAlgolia
HTC J One HTL22では絵文字が表示されないので簡単な対処法を見つけた

HTC J Oneって絵文字が表示されないんですね

HTC J Oneを使い始めて半年ほどですが、最近になって絵文字が表示されないということに気づきました。

というわけで表示するためにはどうすればいいのか調べました。

HTC J Oneには絵文字のフォントが入っていないから絵文字は表示できない

結論から言うと表示できません。

rootをとって絵文字のフォントを入れれば表示することもできるらしいですが、リターンに対してリスクが大きすぎます。

半年間気付かなかったくらい使っていませんし。

そこで簡単にできる臨時的な対処法

表示されない絵文字を完全に確認することはできないですが、一部の絵文字なら簡単に確認できる方法を見つけました。

例えばLINEで絵文字が送られてきた場合

絵文字をコピーします。

Eメールアプリを起動して絵文字を貼り付けます。

絵文字が表示されます。

どうやらEメールアプリはアプリ側で解釈してくれているらしい

Eメールアプリでは絵文字フォントが入っていなくても絵文字になるように解釈してくれるらしいです。

いくつかの絵文字を見てみましたが、表示されない絵文字もありました。

でもEメールアプリで選択できる絵文字は表示されるのかなと思います。

まとめ

絵文字という文化は今後廃れていって欲しいです。

hoverした要素に好きなようにハイライトをかける

リンクとかをホバーしたら背景色を変えたりしますよね

リンクをホバーしたら文字色と背景色が変わるという実装はよくあります。

このコンテンツはクリッカブルですよ、と知らせるためですね。

でもリンクの中に画像が含まれている時は画像だけ変わらなかったりします。

これはちょっと違和感です。

そこですべてに覆いかぶさっているように見せます。

まずはデモをどうぞ

See the Pen hoverした要素の上に色をかぶせる by SUGAWARA Hiroshi (@5000164) on CodePen.

実装の解説です

  非常に簡単です。

今までhoverの擬似クラスにしていた部分をhoverの擬似クラスのafter擬似要素にします。
文章だとちょっとわかりづらいのでコードで書くと、

a:hover {
・・・
}

これを

a:hover::after {
・・・
}
  こうします。

あとはちょっと装飾してやれば簡単に実現できます。

まとめ

  hoverした時に画像にハイライトがついていないのが個人的にすごく気になっていたので、簡単に実装できてよかったです。

ちょっと応用すれば他のこともできそうですね。

自分を紹介するポートフォリオサイトを作った

就職のためにポートフォリオサイトを作りました

Webデザイナーになりたいなら就職活動をするにあたってポートフォリオサイトは必須という情報を得ましたので作りました。

正直よくわかりませんでした

とりあえず作ったは作ったんですが、内容をどうすればいいのかさっぱりわかりませんでした。

それは私に実績がないからですね。

実績を紹介して自分のスキルを証明するためにポートフォリオサイトを作ると思うのですが、実績がないとなにを書けばいいのかわかりません。

だから「すごいぽーとふぉりおさいと」を作ればアピールできるのかなと考えていました。

「すごいぽーとふぉりおさいと」は簡単にはできない

簡単にはできないことばっかりやろうとしてると全然前に進めません。

ポートフォリオサイトを作るためにかなり時間をかけましたが、全然完成の目処が立ちませんでした。

そこでポートフォリオサイトに時間をかけるならできることからやろうと思い、とりあえず完成にして別の就職活動をすることにしました。

実績ができたらどんどんポートフォリオサイトに追加していき、充実させる。

就職できなかったら改善する

このポートフォリオサイトが原因で就職できない、という事態に陥ったら改善したいと思います。

まずはできることからやろう。

デザインのポイントはフォントの使い方

デザインの話をしますと、今回はフォントに気を使いました。

実績がないから文章が主役になるわけですが、その文章を映えるものにするためです。

今回は初めて本文に日本語のWebフォントを適用してみました。

日本語のWebフォントは読み込みに時間がかかるため、今まではワンポイントでしか使ったことがありませんでした。

本文に日本語Webフォントは全然いける

思ったよりも時間がかかりません。

このくらいなら私としては許容範囲です。

本文にもWebフォントが使えるとわかったのは収穫です。

やっぱり本文のフォントが1番サイトの雰囲気を左右しますからね。

でも作ったばっかりなのにTypeSquareの¥0キャンペーンが終わっちゃうからデザイン直さなきゃいけないんですよね。

まとめ

とりあえず作る、公開する、だめなら直す、のスタイルの方がどんどん先に進めていいですね。

映像が丁寧で光の表現が美しい – 映画の感想(秒速5センチメートル)

※ネタバレ注意

秒速5センチメートルを見ました

Appleの12 DAYS プレゼントでレンタルが無料だったので見ました。

どこかで聞いたことがあるタイトルなのできっと有名なのだと思います。

とりあえずざっくりとした感想を

映像がきれい

映像がすごいきれいですね。

特に光の描写がきれいだと思いました。

現実とは異なる描写が多いように感じたので、そこがアニメの表現の良さなのかなと思います。

遠野くんかっこいい

遠野くんはかっこいいですね。

花苗ちゃんがかわいかったです。

花苗ちゃんの声優がいいなと思いました。

他の人の声はちょっと浮いてる感じがしたけど、花苗ちゃんの声は花苗ちゃんがしゃべってるように感じました。

その他もろもろ

遠野くんが見た夢の中で出てきた銀河ってMacの壁紙の銀河と同じですかね?(調べたらアンドロメダ銀河だった)

それがちょっと「おっ?」ってなった。

あとは遠野くんのパソコンがiMacっぽかったですね。

画面はWindowsっぽかったですけど。

遠野くんはプログラマにでもなったんですかね。

iPadで見るのも悪くない

今回はiPadで見たんですけど、けっこー悪くないですね。

画面きれいだし、ヘッドフォンをすれば音も大丈夫です。

ただ画面が暗転した時とか、暗いシーンとかで自分の顔がうつるのがちょっと嫌ですね。

黒が黒として表現されないってのはちょっと困ります。

部屋を真っ暗にして見ればいいんですかね。

ちょっとした考察

光の表現がきれいなのは儚さの表現

映像は全体としてとてもきれいでしたが、私は特に光の表現が目につきました。

これは儚さや思い出、過去の美化といった脳内のイメージを意識してのことなのでしょうか。

最後の笑顔は次への一歩

女性と踏切ですれ違った後に、笑顔で歩き出すラストシーンがありますが、これは失恋できたという表現だと思います。

まずすれ違った女性、これは明里ではなく知らない女性で、明里だと期待する遠野の願望だと思います。

その後にお互い立ち止まった後のやけに長い電車の通過。

あの電車のスピードはそれなりに速かった気がするのですが、通り過ぎるまでに時間がかかりすぎている気がします。

遠野の精神的な感覚を強調している?

振り返って電車が過ぎるのを待っていたのに、そこに女性の姿はなかった。

そして笑って歩き出す。

ああ、これでやっと失恋できた。

と、そんなことを思ったのではないかという印象を受けました。

相手も踏切の向こうで一度立ち止まったのに、遠くに歩いて行く後ろ姿が見えるのではなく、姿が見えないという表現が明里という願望との決別だと思います。

それにしても後ろ姿も見えずに姿がないってのは、すぐに他の道にでも曲がったんですかね。

まとめ

小説版もあるらしいので、物語をちゃんと知るには小説版を読まないとわからないかもですね。

正直よくわからない話でした。

郷愁とかそういった感じですかね。

失恋した直後とかに見たら、なにか思うところがあったのかも知れません。

2013年を振り返る

TwitterとかFacebookとか自分のブログを見て2013年を振り返った

2013年が終わったので1年の振り返りをしたいと思います。

こういう時にログがちゃんと残ってて振り返れるのはいいですね。

たくさんのボカロ曲を聴いていい曲とたくさん出会えた

2013年もたくさんボカロ曲を聴きました。

Twitterを見てても気に入った曲のツイートがすごい多かったです。

2014年もたくさん聴くと思います。

自分の好みもどんどん変わっていったりしているので、どういう曲を聴くようになるのか楽しみです。

Webのことをいろいろ勉強した

Webの勉強は常に欠かさないようにしていました。

どう考えても去年より力がついてます。

常に成長できるようにこれからもがんばっていきます。

小説をそこそこ読んだ

今までは小説は読んで終わりだったのですが、今年から小説の感想をブログに書くようにしました。

感想を書くというアウトプットが面白かったのでこれは今後も続けていきます。

読んでみたい本がたまっていく一方なので、2014年はもう少し読めるといいなと思います。

フットサルとか野球とかやった

フットサルと野球をやってて思うのですが、だんだん下手になってる気がします。

ただでさえ下手なのにこれは致命的です。

今はどこかのタイミングでジムに通い始めようと画策中です。

ブログを47本書いた

2013年はブログを47本書きました。

うん、思ったよりもけっこー書いてた。

これも書いていて明らかに文章力が上がったと実感できているので、これからも続けます。

でもまあなによりも楽しいから続けるんですけどね。

約3年間使ってた携帯を変えた

前使ってた携帯は処理も遅いし電池も保たないしで、すごいがんばってカスタマイズしてたものですが、新しい携帯は特に何もしなくても処理は速いし電池も保つしで、技術の進歩って素晴らしいです。

もっと進歩するのが楽しみです。

でもまあ1番印象に残ってるのは会社を辞めたことでしょう

この記事でも書きましたけど、約3年間働いていた会社を辞めました。

つくづく思うのは、生きていくには金が必要なんだなーということです。

まとめ

2013年もいろいろありましたが、2014年もいろいろあるでしょう。

あんまり肩肘張らずに楽しく生きていけたらなと思います。

リストバンド型のライフログガジェットを調べたのでまとめた

きっかけ

なんかうまく睡眠をとれている気がしません。

ということで睡眠のログをとろうと思ってライフログガジェットを調べました。

リストバンド型が楽そうだなと思ったので、リストバンド型だけ調べてます。

Jawbone UP

いきなりですが、これを買いました。

慣れてきたら使用感をレビューしたいと思います。

メモ

同期する際にスマートフォンに接続する必要がある。

Androidだと対応していない端末もある。

Bluetoothで接続できるUP24が発売されたが、日本では未発売。

UP24が日本で発売されるまで様子を見るか、UPを買うか。

参考

Jawbone UPを1ヵ月使ってわかったこと | absorbed in…

Bluetooth対応! Jawbone、新型ライフログリストバンド「UP24」を発表 : ギズモード・ジャパン

Jawbone UP24 : Jawboneから次のUPが発表!今度はBluetooth機能が追加! | favLife with iPhone

Nike+ FuelBand SE

メモ

運動×ソーシャルというイメージ。

睡眠のトラッキングやライフログという側面とは少し違うかも。

参考

付けただけでアクティブな気分!毎日のあらゆる活動を記録する「Nike+ FuelBand SE」が日本上陸! : ギズモード・ジャパン

Fitbit Force, Fitbit Flex

メモ

日本純正だとSoftBank HealthCareの契約が必要なのが致命的。

スマートフォンの着信を振動で知らせてくれるのは便利そう。

参考

Fitbit Forceハンズオン:今度は期待通りかも! : ギズモード・ジャパン

米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない… : ギズモード・ジャパン

Fitbit Flexを約二ヶ月間使ってみて | deform

BASIS

メモ

心拍数とかカロリーとか計測できるデータが多い。

ごつそうだから常につけておくのは疲れそう。

日本では未発売っぽい。

参考

where on earth is my wonderwall? 多分日本でいちばん早いBASISのレビュー

Amiigo

メモ

計測できるデータが多いし、使いやすそうだし、値段も安いが、未発売。

情報が足りない。

参考

完全防水で水陸両用フィットネスバンド「Amiigo」が今夏発売かも?! - iPhone女史

メモ: Amiigo

まとめ

NikeのFuelBandしか知らなかったけど、調べたらいろいろあることがわかりました。

とりあえず買ってみて使ってみようと思いました。

2013年出会えてよかったVOCALOID曲5選

イントロ

2013年が終わり、2014年になりました。

2013年もたくさんのVOCALOID曲が生まれました。

私が聴いた曲はその中のほんとにごく一部ですが、その中でも出会えてよかったという曲を紹介します。

そんなわけで2013年出会えてよかったVOCALOID曲5選です。

キアゲハ・プリケノート - 初音ミク - あえる

[nicodo display=”player” width=”640″ height=”360″]sm20271398[/nicodo]

あえるさんのキアゲハ・プリケノート。

音がすごい気持よくてすぐにはまりました。

ミクの声も素敵です。

きれいな音がたくさん詰まってて、でもそれでもうるさくなくて、ゆったりのびのび聴いてて楽しいです。

あえるさんの曲はみんな素敵な音です。

Mermaid - MC : MIKU RIN GUMI LUKA & DJ : LEN - Torero

[nicodo display=”player” width=”640″ height=”360″]sm20624241[/nicodo]

ToreroさんのMermaid。

Toreroさんを知ったのはLeviathanでした。

それから追いかけてますけど、どの曲もすごいかっこいいです。

絵もかわいくて好きです。

Toreroさんの曲の中でもMermaidが今のところ1番の好みなのでMermaidを紹介させていただきます。

死なない魔法 - GUMI - みやけ

[nicodo display=”player” width=”640″ height=”360″]sm21673452[/nicodo]

みやけさんの死なない魔法。

前回のおれおれVOCALOIDランキングでも紹介させていただきました。

おしゃれでかっこよくて気持ちいいです。

宇宙遊泳 - 初音ミク - 青屋夏生

[nicodo display=”player” width=”640″ height=”360″]sm22408044[/nicodo]

青屋夏生さんの宇宙遊泳。

素敵な曲です。

なんですかね、この雰囲気がたまらなくいい感じですよね。

ムーンライドディスコロックにもはまってます。

制空権 - 初音ミク - ずきお

[nicodo display=”player” width=”640″ height=”360″]nm22446967[/nicodo]

ずきおさんの制空権。

ずきおさん、名前は知らなかったんですけど、ずきおさんの作った曲を眺めていたら知っている曲がありました。

非常に納得です。

とってもおしゃれ曲です。

歩いている時にすごい聴きたくなって1曲リピートとかしてます。

まとめ

以上、個人的な好みで5曲紹介させていただきました。

新しい曲と出会えて、新しい人を知れて、非常に楽しいです。

2014年もたくさんの素敵な出会いがありますように。

以下、現時点のマイリスト

[nicodo]sm22532294[/nicodo][nicodo]sm22548644[/nicodo][nicodo]sm22531203[/nicodo][nicodo]sm22474670[/nicodo][nicodo]nm22446967[/nicodo][nicodo]sm22448556[/nicodo][nicodo]sm22408044[/nicodo][nicodo]sm22397481[/nicodo][nicodo]sm21317140[/nicodo][nicodo]sm22332869[/nicodo][nicodo]sm22353108[/nicodo][nicodo]sm19800546[/nicodo][nicodo]sm19692603[/nicodo][nicodo]sm21130318[/nicodo][nicodo]sm21673452[/nicodo][nicodo]sm21598771[/nicodo][nicodo]sm22072139[/nicodo][nicodo]sm21685597[/nicodo][nicodo]sm21732003[/nicodo][nicodo]sm21464889[/nicodo][nicodo]nm11371011[/nicodo][nicodo]sm20624241[/nicodo][nicodo]sm15187219[/nicodo][nicodo]sm18131841[/nicodo][nicodo]nm8325511[/nicodo][nicodo]sm20504992[/nicodo][nicodo]sm20443568[/nicodo][nicodo]sm20271398[/nicodo][nicodo]sm13779513[/nicodo][nicodo]sm19251235[/nicodo][nicodo]sm16802960[/nicodo][nicodo]sm16482252[/nicodo][nicodo]sm16483227[/nicodo][nicodo]nm6971638[/nicodo][nicodo]sm13292706[/nicodo][nicodo]nm16012790[/nicodo][nicodo]sm12071713[/nicodo][nicodo]sm15307196[/nicodo][nicodo]sm14476037[/nicodo]

魔女の家が怖くて足の震えが止まらなかった – ゲームの感想(魔女の家)

※ネタバレ注意

ニコニコで有名らしい魔女の家をプレイしてみた

魔女の家ver1.07 公式サイト

魔女の家というゲームがあるらしい。

前回に引き続き、ニコニコ動画ではVOCALOID界隈に生息しているのでその存在を知らなったのですが、興味本位でやってみました。

この時はまだなにも知らなかった。

私は学習ってものを知らないんですかね。

学習はしていなくてもプレイに成長は見られた

とりあえずプレイ。

青鬼をクリアした実績から多少の自信がついた私は多少ノリノリですらあった。

今から考えると非常に滑稽である。

前回よりは抵抗なくゲームを進める。

調子に乗ってゲーム実況者風にプレイする

どうせだから実況しながらプレイしようと思い立ち、ゲームの予測をしゃべりながらプレイする。

今から考えると非常に滑稽である。

最初の初見殺しでも「あーなるほど、血には近づいちゃだめなんですね」とか言ってみる。

ゲーム実況者風にプレイしてたせいでゲームにのめり込む

これやべーよ絶対死ぬよ、とか。

うわまじかこれ復讐されるわ、とか。

なんかくるなんかくる、とか。

楽しんでプレイしてました。

今から考えると(以下略

結果:びっくりしすぎてここ数年で最大の叫び声をあげる

最初の熊ポイントでやられました。

まじでコントローラー投げた。

そこから先は足の震えが止まらなかった

ゲームに感情移入しすぎると怖さが増す、ということは学んでいたのに全然生かせていなかった。

本当にびっくりした。

びっくりしすぎて心拍数が速すぎて死ぬかと思った。

ATフィールド全開でプレイする

感情移入しないように心の壁を全力で展開しました。

自分とゲームの間に超えられない壁を強く意識して、出来事を出来事として捉える。

あー死んだーそういう罠かーじゃあこうすればいいのかー。(棒

という感じ。

独り言をぶつぶつつぶやきながらクリア

「ロボットのようで怖かった」とは友人の談。

クリアした後にプレイ動画も2周ほどしたので考察

ジャンルはおそらくびっくりホラーサスペンス

たぶんクローズド・サークルです。

びっくり要素は様々な視覚効果と音。

何かが突然現れたり、いろいろと突然起きるのでびっくりします。

謎解き要素は難しくない。

でも緊張してると簡単な謎もわからなくなったりする。

非常に雰囲気の良くできたゲーム

この魔女の家というゲームには調べるコマンドがあるんですが、だいたいどこで調べても説明文が表示されます。

なんでもない草とか壁とかを調べても「ただの壁だ」みたいなのが表示される。

そして行動しているとよくなにかが動いたりします。

物が動いたり、明かりが消えたり、壁に血が付いたり。

こういった細かいところまで作りこんでるのがゲームの雰囲気を非常に良くしています。

ストーリーの核心部分についての考察

ここからはある程度内容を知っている前提で書きます。

エレンは病気で起き上がれないという意味

両親が隔離あるいは幽閉、もしくはベッドに縛り付けるなどしていたのではないだろうか。

だから外に出られない。

体を動かせないという意味ではないから、両親も殺せたし、家からも逃げられた。

魔女の家は魔女の枷だったのではないか

両親を殺したことで束縛から開放され、魔女になったことで強い生命力も手に入れたのになぜ外に憧れていたのか。

悪魔が魔女に魔女の家を与えたという描写があったが、魔女は魔女の家に縛られていたのではないだろうか。

悪魔はなんかしらの理由で人間の魂が欲しい

だから人間の魂をある一定数調達できれば病気を治してやると魔女に持ちかけた。

魔女は森に迷い込んだ人間を殺して魔女の家に食べさせた

魔女の魔法は魔女の家が発動している時は制限されているような描写。

だから魔女の家に大量の罠を仕掛けて入ってきた人間を殺すことで魔女の家に人間の魂を食べさせた。

そして悪魔の指定したノルマを達成する。

悪魔は体を治す方法は他の人間と体を交換することだと伝える

エレンは体を交換してくれる優しい人間を待つことになる。

そこにヴィオラが迷い込む。

エレンはヴィオラと信頼関係を築く

ヴィオラはとても優しい少女だった。

交換する当日に、今まで普通の体だったエレンの足と目が突然なくなっていても、体の交換を受け入れるくらいに優しい少女だった。

エレンはヴィオラと体を交換する

体を交換するのだが、ここからはひどく個人的な好みに偏った考察になる。

悪魔はノルマが達成されたからどうでもよかった

ゲーム中でも、生きてても死んでてもどちらでもいいと言っていた。

悪魔は人間の魂が回収できればよくて、エレンが死んでもヴィオラが死んでも1つの人間の魂が回収できるからだ。

だからエレンに体を交換する魔法は教えなかった。

体を交換する魔法を教えるよりもコストが安い方法があるからだ。

悪魔はエレンとヴィオラに催眠術をかけた

もしくはエレンに教えた魔法がただの催眠術だった。

そもそも体を治すだけだったら体を交換するよりも簡単そうである。

エレンの誰かに愛されたいという願いも簡単に満たせるだろう。

しかしそれでも体を交換するという取引を持ちかけたのは、ある程度難しい内容に見せてエレンに人間の魂を回収させるためではないだろうか。

エレンとヴィオラは催眠術にかかる

つまり、ゲーム内で魂が入れ替わっていたように見えた2人は入れ替わっていなかったという解釈である。

お互いの記憶をお互いに話し、話したことを忘れ、自分が入れ替わっていたと思い込んでいただけ、ということになる。

ヴィオラに魔法が使えるのはおかしい

悪魔と取引をして魔女になったのはエレンである。

魔法は肉体に宿るのか?

肉体に宿るのであれば、悪魔が言っていた魔女の家の主は体が変わってもわかるんだね、という下りはおかしい。

では魔法は魂に宿るのか?

魂に宿るのであれば、魂が入れ替わったであろう状態でヴィオラに魔法が使えるのはおかしい。

これではどちらの状態も成り立たなくなる。

つまり、悪魔が嘘をついているということになる。

ヴィオラは屋敷の主でもなく、エレンに聞いた内容を元に屋敷を進んだ

魔女の家が出していたヒントはエレンが出していたもの。

エレンはヴィオラになっていると思い込んでいるので、ヴィオラの体が傷ついたら戻る体がなくなってしまう。

だからヴィオラの手助けをしていた。

途中で現れるエレンらしき少女がヴィオラを守ったかのような描写は、魔女の家がヴィオラを殺そうとする意思をエレンが止めたのではないだろうか。

そしてヴィオラがエレンを殺す

殺されたエレンだが、このエレンはヴィオラだと思い込んでいるエレンなので、純粋なエレンではないと考える。

エレンのエレンとしての意識は悪魔の催眠術にかかった時点で死んでいた。

ヴィオラとして死んだ想いはつらいだろうが、そうではなかったと気付いた時に救われると信じている。

ヴィオラはエレンを愛していた

いくら優しくても、いきなり変わり果てた姿になっていたら体を交換する約束だったとはいえ多少は戸惑うのではないのだろうか。

それでも交換してくれたのはエレンを愛していたから。

ヴィオラからしたらちょうど妹のような年齢だっただろう。

ヴィオラは妹としてエレンを愛していた。

エレンとしての想いもそこに気付いて救われることを願っている。

ゲームとして取り上げられた状態はちょうど佳境の部分だった

エレンのねじれた部分が爆発し、エレンは体を返さないという。

ヴィオラは喧嘩したまま出てきた父を心配し、体を返して欲しいという。

ちょうどそれぞれの想いがねじれた部分を取り上げたのだろう。

ヴィオラの催眠術がいつか解け、エレンが行おうとしていたこと、自分がエレンの代わりにエレンに行ったこと、すべてわかったとしても、エレンと自分を許してくれると信じている。

まとめ

なんにでも救いを求めてしまうのは私の悪いくせなのかも知れないが、これで私の中のヴィオラとエレンは救われた。

せめて自分の中の世界ではみんな救ってあげたい。

青鬼が怖くてコントローラーが持てなくなった - ゲームの感想(青鬼 / Aooni)

※ネタバレ注意

ニコニコで有名らしい青鬼をプレイしてみた

青鬼 / Aooni

青鬼というゲームがあるらしい。

ニコニコ動画ではVOCALOID界隈に生息しているのでその存在を知らなったのですが、興味本位でやってみました。

この時はまだなにも知らなかった。

ビビりすぎてとてもプレイできたものじゃなかった

とりあえずやってみようということになりプレイしたのも束の間、始めて10分でギブアップしました。

理由は怖すぎて操作できなくなったから。

最初はおどおどしながら操作できていたんですが、最初に青鬼と接触してからコントローラー持てなくなりました。

青鬼怖すぎんよ。

なんでこんなに怖かったのか考えた

ゲームだからだ。

この「自分で操作する」っていう動作がゲームへの感情移入を非常に高めている。

感情を移入しすぎた結果、怖くなりすぎて一歩も動けなかったというわけです。

自分では操作できないけど、プレイ動画なら見れる

というわけでプレイ動画を見漁る。

3周見た。

大分慣れてきた。

これならクリアできそう。

改めてプレイしてみた

まあところどころびっくりしましたけど、クリアできました。

クリアしたからゲームの考察をしてみる

ジャンルについて

たぶんクローズド・サークルでのびっくりホラーサスペンス。

びっくり要素は青鬼の出現。

即死トラップがあったりしてびっくりする。

謎解き要素もあるが難しくない。

謎解き要素は寄り道させるのが目的だと思う。

ストーリーについて

ほとんど感じられない。

突然のクローズド・サークルでとりあえず逃げるだけ。

鍵がかかっていたり、ドアが開かなかったりする説明もなし。

ゲーム性ありきで、それにとりあえず軽いストーリーを乗せたという感じ。

青鬼について

伏線のようななにかを匂わせる描写みたいなものはありましたが、特に深い意味はないかと。

特に明確な意図があって動いてるようには感じませんでした。

なんか動いてるものがあったから追ってきた、という感じ。

まとめ

びっくりするゲーム。

ストーリーも謎解きも特にないので、ただびっくりしたいという人向け。

こういうゲームを面白く実況できる人はすごい。

スクロールしてコンテンツが重なった部分にだけぼかしをかけているように見せる

きっかけ

iOS7って半透明のレイヤーの透過した部分だけぼかしがかかりますよね。

CSSでも同じことができないかなと思って調べました。

結論

現在のCSSではできない模様。

擬似的に実現

CSSにはblurというプロパティがあるのですが、このblurはコンテンツ全体にぼかしをかけます。

重なったレイヤーの透過した部分にだけぼかしをかける、といったことはできません。

なので、このblurをうまく使って一部だけのぼかしを擬似的に実現します。

デモ

See the Pen スクロールして重なった部分だけぼかし by SUGAWARA Hiroshi (@5000164) on CodePen

このデモは-webkit-のベンダープレフィックスがついているのであしからず。

実装方法

  まず、HTMLで同じ内容のコンテンツを2つ用意します。

次に、CSSで2つのコンテンツがきれいにくっつくように指定します。
ポイントはoverflow-x: hidden;とoverflow-y: scroll;です。
そうしたら、同じ内容のコンテンツの片方にblurをかけます。
その次は、2つのコンテンツの表示位置を同じ高さに合わせます。
ここではbeforeの擬似要素を使って高さを合わせています。
最後に、JavaScriptでスクロールを同期すれば完了です。

まとめ

  スクロールの制御もJavaScriptでやってしまうと相性がいいのかも知れないと思いました。

とりあえず、半透明のレイヤーの透過した部分にだけぼかしをかけるというCSSのプロパティが欲しいです。