5000164 is here
My writing is my life.
No results for undefined
Powered byAlgolia
小説の感想(夏のレプリカ/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ7作目。

なんかあんまりしっくりこなかった。

犀川先生が万能すぎて出番減ってるのも悲しい。

素生は最後の救いだったけど、あれは昔から家出してたのかな。

杜萌の動機と実行犯3人のことがなんかしっくりこなくて微妙だった。

まとめ

ミスリード多め。

犀川先生万能すぎ。

しっくりこなかった。

犯人の視点でこんなに書かれてるのはシリーズで初めてだからかな。

小説の感想(ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ !/深水黎一郎)

※ネタバレ注意

感想

深水黎一郎さんの名前だけは知っていたけど作品を読むのは初めて。

文章がとてもすっきりしている印象。

電子書籍を購入したのだが、わからない単語が頻出したので電子書籍の辞書機能が大いに活躍した。

内容

正直最後のネタバレまではよくわからない状態で、あんまりおもしろくなかった。

本を読むスピードもなかなかあがらず、よく中断していた。

でも最後のネタバレがあってからはすごい納得。

気になったところ

まず超能力の下りがよくわからなかった。

保険外交員とのやり取りで違和感を覚えた。

香坂誠一からの手紙で警察に言及されていたことでなにかあると気付いた。

ネタ

小説の中の世界で新聞に連載されている文章をそのまま読む。

小説からの情報量が極端に制限される。

つまり登場人物の保険外交員と同じレベルの情報しか持っていなかった。

小説では当たり前といえる、小説の登場人物は知るよしがない、読者だけが知り得るメタ的な情報。

それがまったく削ぎ落とされていた形となる。

それによって読者のレベルを引き下げ、現実の世界の文章と小説の世界の文章をくっつけることで、読者を犯人にできている。

まとめ

すべて読み終わったあとではすべてに納得した。

超能力の下りの必要性も保険外交員が言っていたこともなんで香坂誠一が知り得たのかも理解した。

すごくよくできている。

おもしろかった。

小説の感想(幻惑の死と使途/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ6作目。

犀川先生すごい。

今回は全然わからなかったなぁ。

そして、いろいろと、考えさせられた。

まとめ

二代目引田天功さんがあとがきを書いていてすごいと思った。

小説の感想(あるキング/伊坂幸太郎)

※ネタバレ注意

感想

久しぶりに伊坂作品を読んだ。

今までと雰囲気が違うと作者本人が言っていた通り、物語全体の雰囲気は違った。

しかしやはりところどころに見える伊坂っぽさ。

登場人物の言い回しや展開など。

まとめ

王求は楽しかったと言えただろうか。

小説の感想(封印再度/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ5作目。

最初の構想ではここまでだったそうで、ひとまず一段落なのでしょうか。

エイプリル・フール

このネタはきっと最初から考えてたんでしょう。

そしてこれで終わらせるつもりだったのかも。

萌絵の悪戯も犀川先生の反応もすごいおもしろかったです。

諏訪野はナイスでした。

もう、最高です

トリック

このトリックはかっこいいですね。

少しも思いつかなかった。

苦しみに耐えてまた鍵に戻すというところも美しさなのでしょう。

一欠けの美しさ。

まとめ

偶然が生み出した状況。

単純に生きたいのにどうしても複雑になってしまう。

記憶なんて不確かなものです。

でも犀川先生は人を疑ってかかるなと何回も言っていた。

不確かさを信じるってのもいいもんだと思います。

それにしてもエイプリル・フールの件に印象がまるごと持っていかれました。

二人の関係もそれぞれの変化も見てて楽しいです。

もっと見ていたい。

小説の感想(詩的私的ジャック/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ4作目。

今回は萌絵要素が多めな感じ。

成長する姿を見るってのはいいもんです。

まとめ

今回は特に言及したい点もないかな。

萌絵がメインの話だったと思います。

あとは国枝桃子の魅力が今までで一番出てたかな。

これを読んでからすべてがFになるを読んでいれば、真賀田博士が逃げた時になにか気づけたかも知れない。

それとすべてがFになるで萌絵が儀同に抱いた思いもこれの後ならしっくりくる。

最初の構想から物語の順序を変えない方が良かったかな。

小説の感想(笑わない数学者/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ3作目。

3作の中では一番おもしろい。

相変わらず殺された人の人物像は嫌悪感を抱きそうな設定です。

犯人について

昇君が犯人だという予想は的中。

でも予想の根拠は頭がいいからというだけ。

あと、昇君が高専に通ってるという設定がちょっと嬉しかった。

トリックについて

解説されるまでまったくわからなかった。

霧を使って投影してたとか鏡使ってたとか考えたけど全然だめ。

実際のトリックは実にスマートでスッキリ。

不自然な点についてもスッキリ。

今作はほんとに最後の最後まで解説がなかったからいつ種明かしをするんだろうとワクワクした。

最後の最後まで解説はないけど中だるみすることもなくスラスラ読めた。

博士について

博士は天王寺翔蔵と天王寺宗太郎と片山基生の誰かということだった。

誰かは白骨死体、誰かは地下の老人、誰かはベンチの老人。

まず、地下の老人は天王寺翔蔵ではないと考える。

根拠は犀川先生の期待通りだったという点と、作中小説である「睡余の思慕」のストーリーで最初にいた老人がいなくなっていることから。

死ぬの?という問いに対して、どこかへ行っちまうんだと答えてることから、最後に出てきたベンチの老人が天王寺翔蔵だと考える。

残った老人だが、天王寺宗太郎は自殺したと明示してあるのに対して片山基生については明示されていない。

片山基生が誰にも気付かれずにどうやって地下に入ったのかは思いつかないが、片山基生と入れ替わりで天王寺宗太郎は自殺したと考える。

しかしこれらはただの希望にすぎない。

しかしそう定義したいので、そう定義することとする。

まとめ

萌絵の行動力がとてもすごい。

これからもどんどん増していくのだろうか。

そして今作の犀川先生は対外用の犀川先生だったらしくたくさんのセリフを聞けたのがよかった。

それにしても天才は引きこもることが好きなのだろうか。

そして犀川先生の授業がすごい。

小説の感想(冷たい密室と博士たち/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

おもしろい。

犀川先生の授業がとてもおもしろい。

萌絵への襲撃について

鍵をかけて閉じ込めるという明らかな殺意があるのに、なぜ危害を加えなかったのか。

萌絵が忍び込んでそのまま倒れてしまったという事故に見せかけようとしたのだろうか。

萌絵の意識がなくなった後に鍵を開けてクーリングを停止すれば物理的には事故のように見せかけられるが、萌絵が犀川に助けを求めていた時点で事故に見せかけることは不可能。

助けを求めていたことを知っていた上でなぜそのままにしておいたのか。

あるいはフロッピーディスクを回収するためだけに気を失わせただけで、最初から助けるつもりだったが、助けを求めていたことに気づいてそのままにしておいたということだろうか。

殺意は丹羽と珠子にだけ向かっていたので、萌絵を殺すつもりは最初からなかったものだと考える。

本文中には「殺そうとした」とあるが、木熊先生は顔が見えないように防寒スーツを着た上であえて萌絵を襲い、フロッピーディスクを処分した後でクーリングを停止し暖房を入れ、自分が自殺することで、萌絵が生きて大きな人に襲われたと証言することで、第三者の犯行に見せかけ、市ノ瀬さんに疑いがかからないようにしたものだと信じる。

増田について

彼女が暴行されたという事実を聞いただけですべてを思い込んでしまった。

信頼できない相手の話をうのみにしてはいけない。

せめて、一度直接会って話をするべきだった。

丹羽について

今回の胸クソ悪くなる人物はこの人でした。

作者は読者の心的負担を軽くするためにあえてこういう人物像を設定しているのだろうか。

珠子は本当にかわいそうでした。

まとめ

おもしろいのでこのシリーズはもっと読んでいく予定。

小説の感想(すべてがFになる/森博嗣)

※ネタバレ注意

読むきっかけ

森博嗣さんはとても有名で知っていたのですが、有名すぎてなぜか今まで読まずにいました。

でもやっぱり面白いという話を聞いたので読んでみました。

すべてがFになるという本を知っていたのでまずはこれから。

プログラマならタイトルで16進数が関係してるなとわかって楽しみなはず。

読了直後の感想

おもしろい。

会話のアプローチが今まで経験してきたものと趣が違っていて楽しい。

自分の価値観がグッっと広げられるような感覚が気持ちいい。

そして真賀田博士をもっと読んでいたい。

全体を通した感想

序盤

序盤の会話のやりとりは印象的だったが、その後はやや退屈。

この作品は当初五部作の四部作目として構想されていたという話を聞いてその点については納得。

序盤のクライマックスと言えるウェディングドレスが出てくる場面のインパクトが大きくて読むのを止められなくなる。

中盤

中盤は正直やや退屈な印象。

特にキャンプに戻ってまた研究所に戻る動機付けがしっくりこない。

終盤

犀川と真賀田博士がいい。

これは萌絵がいいリズムを作ってると思う。

細かい考察

道流について

道流は天才ではないということだった。

ではなぜあそこまで真賀田博士に従順だったのか。

真賀田博士は3年も前から計画しており、天才ではないのなら助けを求めるものだと思うのだが求めなかった。

真賀田博士はどのような教育を行ったのか。

愛情によるものだったのか恐怖によるものだったのか。

子育てというのは簡単なものではないはずである。

つまり愛情による教育によって道流は真賀田博士に従順だったと信じたい。

しかしそうだとすると事実はより悲しいものとなる。

道流は自らの運命を知っていて、それを受け入れることができていたのだろうか。

真賀田博士の出産について

真賀田博士は生命をバグと断言しているのになぜ子供を生んだのか。

なぜ親に喜んで報告したのか。

なぜ堕胎しなかったのか。

親を殺した時に自分も子供に殺してもらおうと考えたのだろうか。

真賀田博士の多重人格について

これは意図的に演じているものだと思う。

きっとそれが自己防衛手段だったんだろう。

所長について

ヘリコプターで殺された時に真賀田博士をかばったのは、最初から死ぬ気だったからじゃないだろうか。

少なくとも殺されることは考えていたはず。

それが真賀田博士の計画だったにしろ、そうじゃないにしろ。

そうじゃないとあんな演技できない。

とりあえずこの所長は胸クソ悪くなる。

幼い真賀田博士に様々な行為をし、価値観を植え付けたはずである。

真賀田博士と萌絵の面会について

なぜ真賀田博士は萌絵に会おうと思ったのか。

結果的に萌絵のせいで真賀田博士が想定していた最悪の事態となるわけだが。

それはシリーズ物ということなので今後わかることなのだろうか。

red magicについて

なんでIntegerをインクリメントしてたんだろう。

そして関連箇所すべてにif文を書くのはスマートじゃないようにおもえる。

これはやっぱり真賀田博士からのメッセージなのだろうか。

カウントダウンならデクリメントだし、だんだん完璧に近づくという意味だろうか。

まとめ

心理描写はあえてやや少なめにしてあるのだろうか。

各登場人物の発言が興味深くて非常におもしろい。

このシリーズは今後も読んでいく。

「あんたが怯えるから相手も怯えるのよ」という言葉を考えて頭に染み込ませる

はじめに

先日、友達にある漫画をすすめられて読んでいたらその中に

「あんたが怯えるから相手も怯えるのよ」

という言葉がでてきました

この言葉が頭の中をふわふわしているので、しっかり考えてすっきり頭に染み込ませたいと思います

省略されている言葉を埋める

「あんたが怯えるから相手も怯えるのよ」という言葉には省略されている言葉があると思います

なのでまずはそれを自分なりに埋めてみます

「あんたが(相手のことを)怯えるから相手も(あんたのことを)怯えるのよ」

軽く埋めるとこんな感じ

「あんたが(相手のことを)怯え(て自分を守ろうとす)るから相手も(あんたから自分を守ろうとして)怯えるのよ」

もっと埋めるとこんな感じ

「あんたが(相手のことを)怯え(て自分のことを守るために攻撃しようとす)るから相手も(あんたから自分を守るために)怯えるのよ」

さらに自己解釈するとこんな感じ

なぜ自分が怯えると相手も怯えるのか

人間は自分を守ろうとします

自分を傷つけないようにします

自分を傷つけようとするものを攻撃します

自分が相手に対して怯えると、相手から自分のことを守ろうとします

相手から自分のことを守ろうとして、相手のことを攻撃します

それは、態度や行動に現れます

そして、その態度や行動を相手が感じると、「攻撃されている」と自覚すると、相手も自分を守ろうとします

その結果、相手も攻撃していることを態度や行動で示します

あとは、その繰り返しです

なぜ怯えるのか

それはきっと経験だと思います

経験が足りない

もしくは

過去に傷つけられたことがある

そのどちらかだと思います

どうすれば怯えなくなるのか

それもきっと経験だと思います

相手を信用するのは難しい

ましてや自分が傷つくかも知れないという状況で

ではどうすれば経験が積めるのか

それは段階を踏んで徐々にやっていくしかないと思っています

いきなり治るようなことでもないです

大事なのは、治そうと意識していることだと思います

この言葉に対する想い

私も相手を怖がります

知らない人と話すのは怖い

嫌な人と話すのは嫌い

相手のことを知りたいと思うのならば、自分のことも知ってもらうことが必要です

そして、そのために努力をするべきです

まとめ

最近何作品かの漫画を読んで感じたことは

けっこーみんな言いたいことは一緒なんだな、という安心感でした

やっぱり人は不安で

でもそれを埋めたくて

自分にできる範囲で

手が届く範囲で

精一杯手を伸ばしていくということです

自分のためにも

自分のための相手のためにも

まずは自分が少しでも笑顔になるようにがんばろうと思ったのでした