5000164 is here
My writing is my life.
No results for undefined
Powered byAlgolia
小説の感想(憑物語/西尾維新)

ネタバレ注意

物語シリーズの13作目「憑物語」を読みました。

2012年9月26日に出ていたということを二日前に知ったので、即買い即読み。

感想

印象

全体的な印象として、やっぱり物語シリーズが集結に向かうんだなと感じて少しさみしくなった。

今回は語り手が久しぶりの阿良々木くんで非常に楽しめました。

構成

相変わらず導入部分にすごいページ数が割かれていて、いつになったら話が進むんだろうと思いました。

まあこういうのが好きなのでいいぞもっとやれという感じなのですが。

にしてもキャラはどんどん可愛くなりますなー。

魅力

阿良々木くんは相変わらず阿良々木くんで、でもしっかりと成長していて、やっぱり阿良々木くんが好きです。

誰がなんと言おうと物語シリーズの一番の魅力は阿良々木くんのかっこよさにあると思っています。

中身

正弦は正弦でいろいろ考えていて今回の結論に至ったのかなぁと感じました。

役割を演じさせられていることを自覚しながらも演じきるという決断を。

そして扇ちゃんは八九寺の「くらやみ」のようなもので、阿良々木くんにとっての「くらやみ」だと思いました。

今回のことで忍野が物語の終焉にあたって大事な役割を持っていそうだということがはっきりした気がします。

それにしても斧乃木ちゃんが人形として阿良々木家にやってくるのは予想外でした。

あのままエンディングを迎えたら嫌だなーと思っていたので非常に嬉しかった。

まとめ

非常におもしろかったですが、もっとボリュームが欲しかったです。

もっともっと読みたかった。

簡単に言ってしまえばまだ終わってほしくないという思いがあるということです。

でもそんなわけにはいかないので、これからどうなるのか見届けたいと思います。

物語シリーズはいつも読んでる途中に残りのページ数を気にしてしまいます。

左手に残っている紙の量がどんどん減っていくのが非常に心苦しいです。

減らないで欲しいって思う。

そう思う本は多くないです。

それぐらい好きです。

「ソフトウェア開発とデザイン -デザインとは-」という題で社内で発表しました

「ソフトウェア開発とデザイン -デザインとは-」という題で社内で発表しました。
これはそのときの発表資料です。

この資料について

おそらくこの資料を見ただけではよくわからないと思います。
プレゼンは私の話がメインで資料には要点のみ書いています。
実際の発表にかかった時間は20分程度でした。

全4回を予定している発表の1回目

今回の発表はまず概念だけの話をしました。
続いての発表で具体的な話をしていこうと思っています。

デザインについては未熟なのに発表してもいいのか

いいと思います。
今の自分の中ではこういうものです。
行動することに意味がある。

参考にさせていただいたサイト

下記のサイトを参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

次回について

次回は具体的なレイアウトの組み方の話をしようと思います。
さあ勉強して資料作らないと。

漫画の感想(バクバクバク/γ‐γ)

ネタバレ注意

バクバクバクというWeb漫画を読みました。

すぐに読めるので興味がある人は読んでみてはどうでしょうか。

バクバクバク

感想

非常に面白かった。

舞台が夢というだけあって設定が難しかっただろうが、それも大きな違和感もなくまとまっていると思う。

登場人物について

キシが主人公かとおもいきや、終わってみれば虫木の方が活躍してたような気がします。

まあキシは万能すぎたので登場し過ぎるとバランスが崩れるだろうから、いろいろ作戦を練れる虫木が活躍したのはいいことかなと思います。

舞は成長が見てとれたのでよかったです。

キシと幸せになって欲しいです。

というかラストで虫木がヴィーレを食ってキシを召喚したってことは、虫木は神にも等しい力を得ていると思うんですけど。

虫木の将来が不安です。

そして虫木が死んだらキシも死ぬ?

猫又は東が治したっぽい描写だったんですがどうなんでしょう。

まあそれにしても不遇な環境でしたねえ。

レイコとか泉刃とか神蔵撥とかけっこーひどいですよね。

でも日吉が予想外でしたねえ。

最初っからこうする予定だったんでしょうか。

いきなりの豹変すぎてなんだか違和感です。

レイコは最後にちゃんと謝れてよかったです。

キシのお母さんはもっと出てきて欲しかったかなー。

あとシャドウライダー好きですかっこいいです。

戦いについて

イドというシステムは良かったと思います。

ただやっぱり夢での戦いでなんでもあり、という割には普通の戦いの範囲内だったと思います。

まあ戦ってる人が現実イメージに縛られているからと言ってしまえばそれまでですが。

ここらへんは個人で製作してる以上アイディアが絞られてしまうのかなと感じました。

物語について

どんどん物語にのめり込んでいく感じでよかったです。

ただ、泉刃の神になるってとこだけ背景が足りないように感じました。

神になってどうしたかったとかがよくわからないままで。

まあ神になるのが泉刃の夢だったって言えばそれまでですけど。

なんであそこまで固執したのかなーと。

まとめ

運命に勝つというのが全体を通して漫画に流れていたテーマだと思います。

自分の道は自分で切り開くというマインド。

そして夢は諦めない。

夢世界をテーマにして、夢を諦めないテーマ。

いいと思います。

当たり前のことですけど、夢世界で最強を誇る人でも現実世界では普通の人という現実感がよかったです。

あとはみんな前向きなのがよかったですねー。

読んでて楽しかったです。

最後に、iPadからこのWeb漫画を読んだんですけど非常にいいですね。

iPadとWeb漫画の相性抜群です。

小説の感想(夢違/恩田陸)

ネタバレ注意

本を読んだので感想を書きます。

作品の内容について書くので、内容を知りたくない人はこの先を読まないでください。

どうせこの本を読むこともないだろうという人は読んでも大丈夫ですが、特に作品の紹介をするわけでもないのでそういう人にとってはきっとつまらない文章になると思います。

つまりは「夢違/恩田陸」をすでに読んだ人向けの感想です。

感想

ついつい世界観に引きこまれて一気に読んでしまった。

492ページも。

読み終わって最初に感じた感想は、結衣子は生きてるのか死んだのか、ということだった。

結衣子の生死について

486ページで頭がかくんと傾いて、みんながハッとした、という表現があったので死んだのだと思った。

しかし、いろいろ見返していたら258ページでかくんと頭が沈んだという表現があり、この時は夢が終わったことを示す表現だった。

つまり、今まで夢を見続けていた結衣子が浩章の呼びかけによって夢を見るのをやめた、という表現にもとることができる。

みんながハッとしたのは、単に動かかなかった結衣子が動いたからという事実で、何かを匂わせたというわけではないという解釈。

結衣子が生きている場合

もし仮に結衣子が夢を見るのをやめて目覚めたとする場合。

浩章が結衣子を見つけたのは3/12で、結衣子と浩章と会う日付が3/14月曜日と表現されています。

100年とか400年とかのうるう年の計算を考えないで、うるう年が4年に一度だとすれば、おそらく次の3/14月曜日が訪れるのは28年後になります。

そしてこのふたつの日付は同じ年。

文中で結衣子が若い女と表現されていることから、おそらく見つけてから二日後の3/14でしょう。

しかし結衣子の年齢はおそらく30~40であり、若い女と表現するのはいささか不自然である。

だが文中では顔は若いままだったとあったのでそのことを指しているのであれば整合性はとれている。

髪の毛が全て真っ白だったのが黒くなっていたり、足がやせ細っていたのにしなやかな動きでパンプスを鳴らすまで歩けるようになっていたということは、まあ時間跳躍をする結衣子ならどうにかなるんじゃないのだろうか。

書いていて今思ったのだが、前述の内容は、生きていて生身の体で会いに来る場合の話であって、生きているが夢で会いに来るという可能性もあるということに気付いた。

生きていたら中身の体で会いに来ると考えてしまう盲点だった。

それならばなんでもありなので特に何も問題はない。

結衣子が死んでいる場合

結衣子が死んだ場合、岩清水の主張によると万能の存在になるらしく、それならばなんでもありになる。

自分を現実に投影することもできるし、きっと自分の精神世界に浩章を取り込むこともできるだろう。

最終章が浩章目線から描かれているので、これが結衣子が見てるただの夢とは考えづらい。

現実に姿を投影してるか、浩章が結衣子の夢にいるかのどちらかだろう。

どちらでもない場合

どちらでもない場合、正確にいえば、3/12の結衣子は死んだが、3/14の結衣子は生きている場合。

つまり時系列の入れ替えが発生している場合。

結衣子が旅館の前に現れたとき、やけど、全身打撲、髪が真っ白という状態だった。

そして事故の発生日から3週間の時間跳躍をしていた。

小学生の時も3週間で、小学校の神隠しも3週間だったので、事故からそのままここに時間跳躍をしたのだろうと最初は考えていた。

ここで事故の発生時に行った時間跳躍は3/12の結衣子の死後だとする。

無傷で3/13に浩章の前に時間跳躍し、3/14に浩章と会う。

そして年を取り、髪が真っ白になった時になんらかの理由で怪我を負い、もう一度時間跳躍をして旅館の前で発見される。

これなら3/14に浩章が夢違観音にいい夢を見せてやってくれと祈っていたのもわかる。

事故当時の結衣子はおそらく20代だろうから若い女と表現していたのもわかる。

現実世界で、浩章と会うことができるだろう。

個人的にはこの線を支持したい。

やっぱり現実の世界で生身の体で救われて欲しいから。

浩章の奥さんと三角関係になるのではという懸念もあるにはあるが、浩章の奥さんの良妻ぶりでいったら全てに気付いた上で見なかったことにして浩章を支えてくれる気がする。

お互いに精神的な穴を埋めるだけで、浩章と結衣子は結婚とかそういう話にはなんない気がするなあ。

というわけでとりあえず整理してすっきりした

他にもいろいろ疑問点もあるにはあるが、それはいくらでも自分の中で消化できるのでよしとする。

生体チップが結衣子の夢にも反応したとか。

防犯カメラに映ったということはそこには光を反射する物体が存在したということとか。

あとはあえて説明が描かれていない部分も多いが、それはきっとこうやって読者自身にいろいろ考えさせるためだと思う。

結衣子が生きてるか死んでるか明言されていないところとか。

浩章が見た夢はなんだったのかとか。

夢の中に出てきたのがなんで八咫烏なのか、サッカーや野球はなんだったのかとか。

山科早夜香とその周辺の話とか。

和水仙とか。

結衣子の同時多発的出没とか。

大事故とか。

小学校の集団神隠しとか。

とかとか。

読者自身が考えることによって読者もこの世界を補完する一部になる。

そしてそれはつまりこの世界に影響を与えているし、この世界にも影響を与えられているということ。

夢はそとからやってくる。

まとめ

夢違というのは違う夢を見せること。

結衣子がいい夢を見れるように祈る話だったと思う。

そして結衣子が見た夢の話し相手はきっと未来の自分だったと思う。

あと気になったのは、カタカナの「ミ」のフォントが気になった。

このフォントはなんだろう。

字が繋がっててミだけ浮いてた気がする。

最後に、この感想を書いてる途中で何度も検索をしたくなった。

重くて読むときに本を持つの疲れたし。

こういう時は電子書籍が便利だ。

紙をパラパラめくれる電子書籍の登場が待ち望まれる。

Webデザインについて考える(http://mythemepreviews.com/elite-wp/)

このサイトのデザインについて考える。

Welcome to Elite Premium WordPress Theme

トップのテクスチャと写真の色使いが絶妙に渋くてお洒落な雰囲気を醸し出している。

全体的にコントラスト差がなくて落ち着きが得られる色使いとなっている。

全体

これはWordPressのテーマだそうで、もっとデザインのスキルを身につけなければと感じる。

Webデザインについて考える(http://builtbybuffalo.com/)

このサイトのデザインについて考える。

Buffalo - Web Development, E-Commerce & Web Design - Brighton UK

ナビゲーションについて

ナビゲーションの形が六角形で特徴的である。

どうやらパララックスデザインの次は六角形ナビゲーションが流行するという話もあるようである。

六角形の実現方法

このサイトでは下記の図のように3つの長方形を組み合わせることで実現している。

こうすることによってマウスの判定も見た目と同様となりUXが向上すると思われる。

Webデザインについて考える(http://www.laurent-millet.com/)

このサイトのデザインについて考える。

Laurent Millet

コンテンツの並べ方

コンテンツが理路整然と並べられていて、写真が映えている。

写真のプロダクトの紹介がメインのサイトだとわかる。

コンテンツの見せ方

アイテムをクリックすることでコンテンツが展開する。

展開されたサイズは横幅が並べられているコンテンツの3つ分となり、この画面のまま展開される。

展開された後も理路整然としていてストレスなくきれいにコンテンツの中身を見ることができる。

やはりページ遷移はできるだけない方がストレスはかからなくてすむ。

Webデザインについて考える(http://genelu.com/)

このサイトのデザインについて考える。

Gene Lu. User Experience/Interaction Designer. Welcome.

全体

背景色と文字色のバランスがちょうどいい。

テクスチャなどを使わないとのペッとしがちだが、背景色と文字色のバランスのおかげでシックでマットなデザインに見える。

Webデザインについて考える(http://www.half-moon.or.jp/)

このサイトのデザインについて考える。

歯科ハーフムーン|仙台市 インプラント 無痛治療|トップページ

タイトル画像

Webデザインではタイトル画像をクリックしたらトップページへ戻るというデザインが一般的だが、このサイトではタイトル画像にマウスをホバーした際に文字として「ホームページへ」と表示される。

対象とするユーザ層によっては、このように文字を表示するのも有効だと思える。

参考

ロゴマークの暗黙知について - Webサイトの上部にリンクは必要か? -|Web Design KOJIKA17

Webデザインについて考える(http://sickdesigner.com/)

このサイトのデザインについて考える。

Sickdesigner.com › The work and play of Radu Chelariu

全体

1つ1つの画像の作りこみがとても繊細でサイト全体の質感がとても高級なものに仕上がっている。

これだけの画像を作れたらそれだけで相当なアピールになると思われる。

また、腕時計が現在時刻を示していたり、iPhoneのホームボタンが押せるなど遊び心も散りばめられている。

ただ、画像を多用しているせいかページの読み込みに若干の時間がかかった点だけが唯一気になった。