5000164 is here

車の何とも言えない違和感のある走り方について考えた

Published 2012.10.15 by 菅原 浩

品のない行動が嫌いです。

自分も他人も含めて。

車で走ってると、嫌な走り方を目にすることがあります。

交通ルールは破ってないけど、違和感のある走り方。

例えば、交差点に隣接してるコンビニの駐車場を利用して赤信号を回避する、とか。

それで、ずっと違和感を感じてた走り方について考えてみました。

その走り方はこれ。

直進するためには左の車線にいないといけない。

でも左の車線は混む。

右の車線は右折限定なので空いてる。

右の車線で車をたくさん抜く。

交差点の直前で左の車線に入る。

この走り方です。

交通ルールは破ってません。

ただの車線変更ですからね。

右の車線は追い越し車線ですし。

追い越すことになんの問題もありません。

ただ、ずっと気持ち悪いなと感じていました。

そしてその原因は、品がない走り方だからと、自分の中で納得しました。

左側の車線にずっといる人も直進したいから左の車線にいます。

できるなら早いほうが嬉しい。

それは当たり前のことです。

でも、ちゃんと後ろについて進むのを待ってます。

そこに追い越す車が来て、どんどん追い抜いてく。

そして隙間があれば左車線に入る。

そのせいで、ちゃんと待ってた人はもっと遅くなる。

右の車線から追い抜いた人は行動が卑しい。

貧しい行動です。

自分のことしか考えてない。

品がない。

だから、嫌いです。

まあ並列で進んだほうが全体としては早く進めることもあるでしょう。

それに、そもそもの問題は路上駐車が多すぎてまともに車線が確保できないということが根本の原因かも知れません。

だからと言って、なにをしてもいいというわけではありません。

もちろんいろんな人がいますから、すべてを一概に品がないとは言えません。

交通ルールより大事なことがあるなら、それが尊重されるべきでしょう。

親が死にそうで早く病院にいかなきゃいけないなら、全然追い抜いてもらっていいです。

大事なのは、もっと想像力が必要だということです。

追いぬく側も、追い抜かれる側が実直に待ってるのを馬鹿だと思って抜くのか、素直におれより先にいたんだからこの人が先に行くべきだと考えるのか。

追い抜かれる側も、ふざけんなと思うのではなくて、子供が急病で急がなきゃならないのかもしれないと考えるのか。

心の持ちようでだいぶかわるもんです。

車の運転は性格がでると言われるのは、あの閉鎖空間のせいでしょうか。

車がもっと安全なものでありますように。

話は変わりますが、Googleなどが研究してる自動車運転の自動化に期待してます。

参考

品位 (人品) - Wikipedia