FuelPHP 1.3 で Profiler を有効にしたら最初から展開した状態で表示されるようにする

最近 FuelPHP を使っています。
バージョン 1.2.1 を使っていたのですが、 1.3 がでたということで 1.3 を使い始めました。
そこでデバッグをするときに、 'profiling' => true とかしてプロファイラを表示させるんですが、プロファイラが最小化状態で表示されます。
1.2.1 のプロファイラは展開した状態で表示されてたのに。
true ってしたらプロファイラは常に表示されてて欲しいです。
ということで、常に表示されるようにします。

fuel/core/vendor/phpquickprofiler/display.php

を開きます。
305 行目の

$return_output .='<div style="clear:both;"></div><div id="pqp-container" class="pQp tallDetails" style="display:none;position:inherit;">';

$return_output .='<div style="clear:both;"></div><div id="pqp-container" class="pQp tallDetails" style="display:block;position:inherit;">';

にします。 (display:none;display:block; に変更)
661 行目の

$return_output .='</div></div><div id="openProfiler"><a href="#" onclick="openProfiler();return false" title="Open Code Profiler">Code Profiler</a></div>';

$return_output .='</div></div><div id="openProfiler" style="display: none;"><a href="#" onclick="openProfiler();return false" title="Open Code Profiler">Code Profiler</a></div>';

にします。 (style="display: none;" の追記)
以上で常時表示されるようになったはずです。
検索して見つけた要素のスタイルを適当に変更してるだけなので、なんか他に方法があるのかもしれませんけども。
とりあえず、これでちょっとだけ快適になった。
常時表示されなくなったことにはなにか理由があるんですかねえ。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
車の何とも言えない違和感のある走り方について考えた
Previous Post
プログラミング用フォントのSource Code Proフォントが新しくリリースされたので他のフォントと比較してみた
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想