勉強会第4回 2012/7/25

勉強会第4回。

今日の範囲はアジャイルサムライの3章〜4章。

メモ

同じ言葉で認識していても解釈がそれぞれで違う

何のためのものなのかを理解していれば大事なことがわかる

現実

情報が与えられない

勉強しろって言われる

理解するために聞くしかない

直接行くのが一番いい

行けるかどうかを確認する

行く理由を説明できればいいリスクマネジメントなど

そのプロダクトで何がどれくらい良くなるのかを簡潔に説明できなければならない

認識のずれがあるか確認できる

パッケージデザインを作ることによってなぜ作るのかとかエレベーターで考えたことが強化できる気がする

やらないことリストを作ることによって不安をとり除くことができる

やることとやらないことって意識的に出すことが大事

これはやらないんですよね?って聞く

アプリを使ってもらう

そのためのネットワークをつくっておく

やっぱりメモだけじゃわかりづらいですね。

次からは文章化を意識します。

次回開催予定は8/8前後(調整中)。

読書範囲は第5章まで。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
ライブを見に行ってきた
Previous Post
今日の糧 2012/07/31
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想