自信を持つということについて考えた

自信ってなんでしょう。

自信持ってますか?

おれは自信ってなんのことかわかってなかったです。

わからないものは持ちようがない。

ってことで自信について考えました。

長い間考え続けたことなので途中の経緯はごちゃごちゃですが、考えた結果のエッセンスだけ。

自信を持つということは、自分を自分で応援してあげるということ。

まず、

自分を肯定できる状態が、自信がある状態

自分を肯定できない状態が、自信がない状態

だと考えた。

自分を肯定できる人はつまるところ自分しかいない。

自分で自分を否定したらそれで終わってしまう。

かといって自分を肯定するのは難しい。

そこで、最初から肯定するのではなく、応援すればいいのだと考えた。

自分で自分のことを応援してあげる。

自分にしかできないこと。

そうすればそれがそのまま自信につながる。

結局心の持ちようの問題なのですが、持ち方を知っているのと知らないのでは全然違うと思います。

なので、おれの考えた心の持ち方の紹介。

別に正解とかがあるわけではないので、こんな考え方もあるんだなという程度ですけどね。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
ブログ名を変更しました
Previous Post
今日の糧 2012/08/20
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想