5000164 is here

やりたいことをやるために時間をつくる スピーチ原稿

Published 2012.9.18 by 菅原 浩

スピーチをやるので原稿を書きました。

時間は3分間です。

やりたいことをやるために時間をつくる

おはようございます。

今日は時間について話をしようと思います。

みなさんは、たくさんやりたいことがあると思います。

例えば、楽器などの趣味に没頭する。

スキルアップのために勉強する。

会社の業務を改善するためにプロジェクトを立ち上げる。

しかし、これらのことをするためには、時間が必要になってきます。

なにか行動するためには時間が必要なのです。

時間がなければなにもすることができません。

じゃあ時間を作ればいい、と思うかも知れませんが、これが非常に難しいことですね。

なので、時間を作るポイントを3つ紹介したいと思います。

1分

1つ目は、常に作業効率の改善を考える、ということです。

例えば、テキストをコピーするときにも、

右クリック、コピー

とやるよりは

Ctrl+C

とやる方が早いですよね。

他にも、画面をキャプチャするときにはツールを使った方が早いかも知れません。

このように、一つ一つの作業に対して常に、この作業は短縮できないか?と考えるのがポイントになります。

2つ目は、最初から完璧を求め過ぎない、ということです。

まずは作ってみる、ということが大事になります。

作ってみることによって、周りとイメージが共有できますし、新たな問題点も見えてきます。

そうすることで、未然に問題を防ぎ結果的に作業にかかる時間を短縮できます。

いかに短時間で80%の完成度で作れるか、ということが大事になってきます。

2分

3つ目は、タスクを管理する、ということです。

そのために、タスクを洗い出して整理し、優先度をつけましょう。

タスクに優先度をつけることによって、限られた時間の中で、どこから手をつけていいのかがわかるようになります。

優先度の低いものは時間に余裕がある時に行うようにしましょう。

以上が、3つのポイントです。

まとめとして、時間がないというのはよく聞く話ですが、認識を変えましょう。

時間がないのではなくて、限られている時間の中で有意義に過ごすためにはどうすればいいのか、と考えましょう。

ただ、ここで話を聞いただけで、実際にやってみるというのは難しいと思います。

なので、興味を持った人はタスク管理という言葉を検索してみてください。

私からは以上です。

ありがとうございました。

参考

いち早く70%~80%程度の完成度で人に見せられるものを作ることがいかに重要か、という話 - 肉とご飯と甘いもの @ sotarok