気が利くデザイン(Pocket)

Pocketについて

Pocketという後で読むサービスがあります。

iPadでこのPocketのアプリを利用してた時に、気が利くなと思ったデザインがあります。

Pocketの目的

Pocketというアプリを利用するときの目的は「読むこと」です。

そのために読みやすさが求められます。

Pocketを利用している時の行動

Pocketで記事を開くと、ヘッダーがあって、本文があります。

本文を読み進めて、最後まで読み終わると、ヘッダーの既読ボタンを押します。

読みやすさのためのデザイン

Pocketで記事を読んでいて、記事を最後まで読み終わって既読ボタンを押そうとおもった時に、既読ボタンが表示されていることに気づきました。

記事を読んでいる時は全然気が付かなかったのに、でも既読ボタンを押したいなと思った時には表示されていました。

改めて見てみたところ、記事を読み始めるとヘッダーが非表示になり、記事を読み終わるとヘッダーが表示されるというデザインでした。

表示と非表示のされ方も、なるべく意識を阻害しないようなフェードインとフェードアウトで、全然気になりません。

「読んだー、既読にしよう」とおもった時に、スッと出てくる既読ボタン。

「ほほう、これは気が利くじゃないか」と思いました。

まとめ

これみよがしなアニメーションではなく、なるべく邪魔しないように、スッと消えてスッと出てくるヘッダーに好感が持てました。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
おれおれVOCALOIDランキング(2013.11.21)
Previous Post
空白と改行を削除するツールを作った
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想