CSS Nite in SENDAI, Vol.7 「変化するWebデザイン 〜既成概念を打ち破るWeb制作のあり方を考える」に参加しました

CSS Nite in SENDAIについて

Web制作関係者のためのセミナー、それの仙台版です。

詳しくは下記を。

CSS Nite in SENDAI, Vol.7 | CSS Nite in SENDAI

CSS Nite in SENDAI, Vol.7に参加しました

開催されたのが10月19日(土)なのでだいぶ間が空いてしまいました。

セミナーの内容ではなく、セミナーから感じたことを書いていきます。

安心感をもらいました

セミナーに参加するのは久しぶりでした。

このしばらく参加していなかった間に、自分でも気づかないうちに、現在の自分に対する不安が大きくなっていたようです。

私の考えは合っているのか、方向性は間違っていないのか。

もちろん答えがあるわけでもないのですが、周りに同感できる人がいないというのが事実でした。

1人でHTMLやCSS、JavaScriptを勉強して、このタグは意味合い的にこのようにマークアップするべき、ここはCSSで表現できるので画像リソースを削減する、JavaScriptは今後もっと重要になるはずだから勉強しないと、とやり続ける。

1人で。

それに思ったよりも疲れていたみたいです。

でも、今回のセミナーに参加して1番良かったことは、これでいいんだと自分で思えたことです。

Webをよりよくする

私が大事に思っていることは、Webをよりよくする、ということです。

Webは情報発信という面で長けています。

その手段としてのHTMLでありCSSでありJavaScriptです。

大事なのはコンテンツです。

どんどん新しい技術に挑戦するのは、より効率よくするため。

自分が何かを伝えたいと思った瞬間に、すぐに伝えられるようにするため。

懇親会には参加する

セミナーの後の懇親会でもいろいろな方と話ができて非常にためになりました。

懇親会は苦手なんですけど、終わってみると絶対参加して良かったと思います。

私もWebの可能性を引き出したいです。

まとめ

やっぱり勉強会には積極的に参加するべき。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
TEDの感想(サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか)
Previous Post
コンテンツを横に2つ並べた時に片方だけコンテンツ幅がウィンドウ幅に追従するようにする
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想