小説の感想(今はもうない/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ8作目。

やられた。

これはやられた。

くやしい。

おもしろいです。

犀川先生と萌絵

今回は犀川先生要素が最初っから多めで嬉しいです。

萌絵とのやりとりも見てて楽しいです。

勘違い

小説の内容を完全に勘違いしてました。

てっきり萌絵の物語かと。

キスをしたあたりからすげー憤慨して読んでたものですが、それもおじさまだったと知って納得。

にしてもおばさまと萌絵は相当似てますね。

まとめ

今ならおだやかな気持ちで純粋に楽しんで読めそうです。

ネタは全くわからなかったけど、主人公が誰なのかが最大のミステリでしたね。

ところで萌絵と一緒にいた二人の男の子は誰なのだろう。

菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
小説の感想(数奇にして模型/森博嗣)
Previous Post
小説の感想(夏のレプリカ/森博嗣)
Recent Posts
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想
Android の Chrome で通知の許可設定がタップできない
生きることが難しい
服を買うということ - 映画「The True Cost」の感想