小説の感想(数奇にして模型/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ9作目。

700ページですか。

厚いですな。

まとめ

概念の話のところが難しくてわからないところがあったかな。

内容は多かったけど振り返ってみると特筆したい点が思い浮かばない。

すっきり消化できたってことなのかな。

菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
小説の感想(有限と微小のパン/森博嗣)
Previous Post
小説の感想(今はもうない/森博嗣)
Recent Posts
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想
Android の Chrome で通知の許可設定がタップできない
生きることが難しい
服を買うということ - 映画「The True Cost」の感想