小説の感想(封印再度/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ5作目。

最初の構想ではここまでだったそうで、ひとまず一段落なのでしょうか。

エイプリル・フール

このネタはきっと最初から考えてたんでしょう。

そしてこれで終わらせるつもりだったのかも。

萌絵の悪戯も犀川先生の反応もすごいおもしろかったです。

諏訪野はナイスでした。

もう、最高です

トリック

このトリックはかっこいいですね。

少しも思いつかなかった。

苦しみに耐えてまた鍵に戻すというところも美しさなのでしょう。

一欠けの美しさ。

まとめ

偶然が生み出した状況。

単純に生きたいのにどうしても複雑になってしまう。

記憶なんて不確かなものです。

でも犀川先生は人を疑ってかかるなと何回も言っていた。

不確かさを信じるってのもいいもんだと思います。

それにしてもエイプリル・フールの件に印象がまるごと持っていかれました。

二人の関係もそれぞれの変化も見てて楽しいです。

もっと見ていたい。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
小説の感想(あるキング/伊坂幸太郎)
Previous Post
小説の感想(詩的私的ジャック/森博嗣)
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想