小説の感想(幻惑の死と使途/森博嗣)

※ネタバレ注意

感想

S&Mシリーズ6作目。

犀川先生すごい。

今回は全然わからなかったなぁ。

そして、いろいろと、考えさせられた。

まとめ

二代目引田天功さんがあとがきを書いていてすごいと思った。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
小説の感想(ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ !/深水黎一郎)
Previous Post
小説の感想(あるキング/伊坂幸太郎)
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想