5000164 is here

「おれってダメだ」「そんなことないよ」について教えてもらって考えた

Published 2013.6.15 by 菅原 浩

よく思うこと

私はよく「おれってダメだなぁ」と思います。

それは自分の希望する理想像と現実とのギャップが原因です。

自分自身への期待値が大きすぎる場合、時としてそれは過大なストレスになります。

それはこの記事(休職して退職してやっとわかったこと)で言及しています。

しかし、自分では自分のことをダメだなと思っても、「そんなことないよ」と言ってくれる人もいます。

今日は「そんなことないよ」について教えてもらったので、考えます。

ダメな例

「おれってダメだなぁ」

「そんなことないよ」

「いや、ほんとにダメなんだよ、この前なんかさあ・・・」

いい例

「おれってダメだなぁ」

「そんなことないよ」

「ほんと?ありがとう」

大事なこと

私はよくダメな例の方の受け答えをしてしまいます。

今日教えてもらったのは、いい例の方です。

この受け答えで大事なことはなにかを教えてもらいました。

ダメな例が大事にしていること

ダメな例では、「自分が自分のことをダメだと思ってるということを伝えたい」ことが大事なことになっています。

だから、相手の意見は関係なく、自分のことをただ伝えるだけになります。

自分のことをわかってもらうということも大事ですが、それは「相手が自分で自分のどこを悪いと思ってるのかを知りたい」という時に答えましょう。

ただの愚痴はNGです。

いい例が大事にしていること

いい例では、「自分のことを尊重してくれた相手のことを尊重すること」を大事にしています。

ダメな例では、相手が言ったことを直接的ではないにしろ否定しています。

いい例では、否定しないでまずは受け入れる。

そして、ちゃんと言ってくれることに感謝する。

相手を尊重することができています。

なぜ愚痴がだめで、相手を尊重するのがいいのか

それは、味方になってもらうためです。

そういうことを言ってくれる間は、相手は自分のことを考えてくれています。

そういう人はとても大事です。

そういった味方を失わないために、こちらも誠意を尽くします。

このやりとりがコミュニケーションだから、とか、一般常識として、とか、空気を読むため、とか、そんなくだらないことではありません。

味方がいるということ

生きてれば困ることもいろいろとあります。

その時に、自分が味方だと思える人がいるということ。

ヘルプを出せる人がいるということは、とても心強いことです。

そういった人を失わないためにも、ちゃんと相手を尊重することが大事です。

まとめ

私には、非常にありがたいことに、私の味方をしてくれる人がいます。

今日は「おまえはちゃんと味方がいれば大丈夫」と言われました。

私のためを思ってくれる人に感謝します。

これからはちゃんといい例で返事ができるようにします。

そして、私も誰かの味方になれればいいなと思います。