小説の感想(ココロコネクト ヒトランダム/庵田定夏)

※ネタバレ注意

感想

ココロコネクトを漫画で読んで原作が気になったので読んでみた。

漫画よりは面白かったけど、そんなに面白くなかった、という微妙な感想。

小説を読まずに漫画だけ読んでた方が幸せだったかも知れない。

状況の描写がめんどくさいのと、心理描写が押し付けがましいのと、論理飛躍がやや多い気がしたのが、ちょっと肌に合わなかったかな。

まとめ

タイトルを「ヒトツナガリテ、ドコへユク」から「ココロコネクト ヒトランダム」って改題したのはすごくいいと思う。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
休職して退職してやっとわかったこと
Previous Post
小説の感想(有限と微小のパン/森博嗣)
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想