しっくりこない - 小説「クドリャフカの順番」の感想

※ ネタバレ注意

谷くんの立場がよくわからなかった

谷くんはなにがしたかったんだろう。

動機がしっくりこない

氷菓もそうだったけど、ストーリーがすっきりまとまってない気がする。
クが既に失われてたとして、そのメッセージが伝わったとして、それでどうなるっていうんだろう。
表向きは文化祭を盛り上げたくて、実はメッセージが、って方がしっくりくる。
コストとリターンが見合ってないなー。

「〈古典部〉シリーズ」

読む。
トランプの柄で 4 人が表現されてたのはけっこーしっくりきた。
ホータローの姉はジョーカーだな。

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
シンプルさ - 「Go Conference 2014 autumn」に参加しました
Previous Post
最初から完璧を求めない - 「TDDBC in Tokyo 2014-11」に参加しました
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想