DXライブラリで読み込んだテキストをエンターで表示

実行結果

dxlib practice 2 1

これが。

dxlib practice 2 2

こうなって。

dxlib practice 2 3

こうなってって。

dxlib practice 2 4

最終的にはこうなります。

正直こんなに長くする必要はなかった。

ソースコードはこちら。

5000164/dxlib-practice-2

ゲームなんだから入力できるようにしなくては

前回 はDXライブラリで文字を表示するだけでしたが、こんどは入力を受け付けるようにします。

とりあえずエンターキーを押したら単純に表示するだけ。

表示するテキストをファイルから読み込むようにした

ついでに、表示するテキストを外部から読み込んでいます。

最初はUTF-8でテキストを書いていたら、文字化けをしてうまく読み込めません。

DXライブラリはShift_JISとCRLFで書かれているので、テキストもShift_JISとCRLFで書いたらうまくいきました。

プロジェクト全体の設定も、DXライブラリに合わせてShift_JISとCRLFで統一するのがいいと思います。

個人的にはUTF-8のLFが安心するのですが、DXライブラリを使っている時点で動作する環境はかなり限られるので、特に問題はないかと思います。

まとめ

こんなに簡単な処理なのに、結構時間がかかりました。

やはり基礎的な知識がないと、どうすればいいのかわからないということが多いですね。

菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
ブログ移転しました
Previous Post
変えられないエンジニア
Recent Posts
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想
Android の Chrome で通知の許可設定がタップできない
生きることが難しい
服を買うということ - 映画「The True Cost」の感想