UbuntuのIntelliJ IDEAでJUnitを使う準備をする

Ubuntuのバージョン

ubuntu 14.04 LTS
64bit

Javaのインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y python-software-properties
sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y oracle-java8-installer
sudo update-java-alternatives -s java-7-oracle

参考

Ubuntu 12.04 LTS に Java (Oracle JDK) をインストールする - xykのブログ

IntelliJ IDEAのインストール

公式サイトからダウンロードする
IntelliJ IDEA — The Best Java and Polyglot IDE
任意のディレクトリに配置

IntelliJ IDEAの起動

解凍したディレクトリ内のbin/idea.shを実行

プロジェクトの作成

Java を選択
Project SDK で New -> JDK を選択
/usr/lib/jvm/java-8-oracleを選択してOK

JUnitをインストール

GitHub のリンクからjunit.jarhamcrest-core.jarをダウンロード
junit-team/junit
junit.jarhamcrest-core.jarをプロジェクトにコピー
junit.jarhamcrest-core.jarをライブラリに追加

参考

junit-4.11.jar が単独で使えない - 日々常々

試してみる

プロジェクトの直下にtestディレクトリを作成
testディレクトリをTest Sources Rootにマーク
srcディレクトリの下に Java Class ファイルを作成
適当にメソッドを追加
クラスの範囲にキャレットがある状態で、メニューバー -> Navigate -> Test を選択
Create Test で JUnit4 を選び、Member で作成したメソッドをチェックして OK
作成されたテストメソッドを右クリックして Run を実行

補足

テストメソッド名に日本語を使用した際に、テスト結果が文字化けしていた
IntelliJ IDEA の設定から、IDE Settings -> Appearance -> Override default fonts by を使用して回避

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
新しい考え方をもらった – Agile Japan 2014 仙台サテライトに参加しました
Previous Post
気分が悪くなったらよつばと!を読もう
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想