5000164 is here
My writing is my life.
No results for
    Powered byAlgolia
    新しい考え方をもらった – Agile Japan 2014 仙台サテライトに参加しました
    Published June 27th, 2014

    Agile Japan 2014 仙台サテライトに参加しました

    イベントの詳細はこちら。
    イベント案内 | 2014-06-27 (金) Agile Japan 2014 仙台サテライト 「ひとりぼっちは、寂しいもんな」 #AgileJapan - 東北デベロッパーズコミュニティ

    柔軟な考え方をもらいました

    ためになる話をいくつも聞けて、自分の中にはなかった新しい考え方をもらいました。
    今まで自分の中にあったものよりも、もっともっと柔軟な考え方をもらいました。
    以下、自分の解釈です。

    アジャイルを導入するために、アジャイルを説明しない

    アジャイルとは、ソフトウェア価値の最大化であり、利益を最大化する姿勢である。
    その手法として Scrum や XP があるのであり、それ自体はアジャイルではない。
    このアジャイルというものを説明するのが非常に難しい。
    やってみるのが一番わかりやすい。
    じゃあやってみるためにはどうするか。
    アジャイルを説明しないで、プラクティスを1つ1つ試してみる。
    まずは KPT によるふりかえりだけ試してみる、など。
    それで、これいいねとなったらまた次のプラクティスを導入する。
    アジャイルアジャイルと肩肘張るのではなく、少しずつ試してみる。
    改善が本質であり、プロセスの尊守は大事ではない。

    日本語と日本の文化を大事にする

    日本の文化は、相手を思いやる文化である。
    日本語は、相手によって言葉が変わる。
    この洞察力が日本人の素晴らしい能力。
    単一民族のみでチームを構成するという強さ。

    レースは速さではなく精度と効率

    博打をやってはいけない。
    速さを競うものではなく、いかに精度よく効率よくタイムを縮めるか。
    Try & Error は壊れた & 直したであり、ここにコストをかけない。
    エラーを出さないために、予測可能なものだけを実行する。
    未来の目標をチームで共有することで、予測を可能にする。

    データはマネジメントツール

    裁量権を現場に与える。
    現場の判断を周りに納得させるためにデータを使う。

    現場の技術力が最上流工程

    できもしないものを設計してもしかたがない。
    現場の技術力で設計の幅が決まる。
    現場のレベルが上がらなければ、設計のレベルは上がらない。

    未来は言語化できない

    言語は過去のものであり、コミュニケーションツールである。
    未来のことは、過去には存在したことがないから言葉が存在しない。
    未来は画像であり、その具体的なシーンを共有する。
    具体的なシーンを想像できる目標をつくる。

    権限ではなく責任をもらう

    メンバーは失敗する。
    その失敗を最大限リカバーするために責任をもらう。
    リーダーが全ての責任を持つことでメンバーは安心して全力を出せる。

    人のために何かをしようと思うとアイディアが無限に生まれる

    自分のために何かをする、と考えると、何をしようか、となる。
    何をしようか、の前に、誰をどうしたいのか。
    人を喜ばせるという目標があるとイメージが生まれる。

    自分にできることをやる

    自分がすべてを完璧にこなすなんてことはできない。
    失敗しちゃいけないと思うから動けなくなる。

    刺激をもらいました

    自分はまだまだだと思えました。
    自分がやってみたいなと思ってることをやっている人がいる。
    そしてどんどん改善していく。
    自分もやるしかない。