5000164 is here
My writing is my life.
No results for
    Powered byAlgolia
    代わり映えのない二年間 - 小説「四畳半神話大系」の感想
    Published July 5th, 2014

    ※ネタバレ注意

    アニメを見たので、小説を読んだ

    この記事でアニメの感想を書きましたが、アニメを見たら原作が気になったので小説を読みました。

    アニメはよくできている

    原作を読んで思ったのは、アニメはよくできてるなー、ということでした。
    原作をうまく解釈してアニメという形に合わせた感じがします。
    やや間延びした印象を受けたのも、1話30分で1クールという決まったものがある以上しょうがないのかなと思います。
    よく30分でうまく区切りをつけたと思います。
    ただ、アニメだと時計の演出があってタイムリープもののように感じられましたが、実際はそうではないと思ったのが残念なところ。

    森見登美彦らしい表現が楽しい

    随所に森見登美彦らしい言葉づかいが感じられて、楽しめました。

    代わり映えのない二年間

    どの世界の「私」も、明石さんとはうまくいくことができた。
    小津とも親友であった。
    どの世界でも代わり映えのない二年間であった。

    人生は選択の連続である

    選択することとは、同時に選択しないことでもある。
    選択次第で人生は変わる。
    違う選択をしていれば違う人生もあっただろう。
    しかし、どの人生でも、他の何者にもなれない自分であることに変わりはない。
    それを受け入れ、腰を据えよう。

    過去の自分を大目に見よう

    過去の自分は、もちろんいくつもの過ちを犯してきただろう。
    そんな自分の過去を全て肯定して自分を抱きしめる必要はない。
    けれども、大目に見てやってもいいのではないか。