FuelPHP に fuelphp-profiler-log をインストールする

FuelPHP のログにプロファイラの情報を出力できるパッケージをインストールしてみる

FuelPHP のバージョンは 1.7.2。
インストールするパッケージはこちら。
MiuraKatsu/fuelphp-profiler-log
手順を見ると、Core を直接いじってるので、Core をいじらないで拡張する。

手順

fuel/packages で下記コマンド実行してパッケージの取得
git clone --recursive git://github.com/MiuraKatsu/fuelphp-profiler-log.git profiler-log

configpackagesprofiler-log を追加

packages/profiler-log/core/class/profiler.phpapp/classes/profiler.php にコピーして編集
namespaceuse を削除
class Profiler extends \Fuel\Core\Profiler として継承

app/bootstrap.php を編集
Autoloader::add_classes'Profiler' => APPPATH . 'classes/profiler.php', を追加

packages/profiler-log/config/profiler.phpapp/config/profiler.php にコピーして編集
output の値を false から true に変更

動作確認

画面の右下にプロファイラが表示されていて、ログにプロファイラの情報が出力されていれば成功。

まとめ

とりあえず使ってみる。

参考

FuelPHPで3種のprofilerを使ってみた

Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
Windows で PHP の開発をするときに使ったツール
Previous Post
Go を Mac にインストールした
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想