FuelPHP で Debug::dump() と Log::debug() を簡単に使えるようにする

FuelPHP で Debug::dump() とか Log::debug() とかうつのがだるかった

e() という関数があったから、同じ感じで d() とか l() にしたいなって思った。

引数をただダンプするだけのようなやつを作った

ソースはこちら。
FuelPHP 1.7.2 で動作確認してます。
FuelPHP で Debug::dump() と Log::debug() を簡単に使えるようにする

配置方法

e() という関数を追ったら core 直下の base.php に書いてあったので、同じような感じで app の下に base.php というファイルを作って bootstrap.php で require する。

結果

d() とか l() で表示できるようになって楽になった。

菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
IDE で FuelPHP の補完を効かせるための _autocomplete.php を生成するタスク
Previous Post
Go の練習としてファイル名を変更するツールを作った
Recent Posts
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想
Android の Chrome で通知の許可設定がタップできない
生きることが難しい
服を買うということ - 映画「The True Cost」の感想