Android のフローティングブラウザを Flynx から Lynket に変えた

元々は Link Bubble でフローティングブラウザを知り、便利で愛用していたのだが、たしか使えなくなったので代替アプリを探して Flynx を使うようになった。
でも広告をブロックしたかったり、常時パソコン用の表示にしたかったりと思って、ちょいちょいフローティングブラウザは調べていた。
それで今回もたまたま調べていたら、 Chromer というアプリがアップデートで Lynket という名前に変わっていて、改めて使ってみたらいい感じだったので乗り換えることにした。

そもそものフローティングブラウザのよさ

  • 作業を中断せずに続けることができる
  • Twitter を読んでいて、気になったリンクは開いておく、 Twitter を読み終わったら開いていたリンクを読む、ということができる
  • 作業を途切れることなく続けることができていい

Lynket のいいところ

  • 同じリンクを多重に開かない

    • あれ、このリンクさっき開いたっけ?と思って念のため開いておく、ってやって無駄にリンクを溜めておくことがなくなる
  • ページを表示したらスタックから自動で消す

    • 特に共有することがなければ読んだらそのまま閉じるだけなので、勝手に閉じてくれるのはいい
    • やっぱまた後でと思ったらまた小さくしておくことで溜めておくことができる
  • 読む時はフローティングではなく普通の画面になる

    • 読む時はフローティングしておくことないので、広くなっていい
  • AdBlocker である Brave でページの表示をできる

まとめ

常時パソコン用の表示にする設定はなかったが、 Lynket が使いやすいので今のところ満足している。

リンク

菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
Display Menu を使ったら表示領域が広がって便利
Previous Post
いいタイミングで読めた - 本「SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル」の感想
Recent Posts
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想
Android の Chrome で通知の許可設定がタップできない
生きることが難しい
服を買うということ - 映画「The True Cost」の感想