5000164 is here

生きる意味を求めすぎているのかも知れない

Published 2018.8.1 by 菅原 浩

1 年ほど英語を勉強しようと思っている。
現在 29 歳、これからのキャリアを考える時期になぜ英語を勉強するのか?
英語を勉強することによって学習の効率が上がり、このまま勉強するよりも成長できると考えたから。
という理由だと自分では思っていた。
でもそうじゃないのかも知れない。
言われて納得したことだが、今日本語で学んでる勉強量と同じ勉強量を英語で学んだところで大して違いは生まれない。
如実に差が現れるほど勉強できていない。
悔しいがこの現実は直視しなければならない。
それでもやはり英語を勉強したいと思っている。
そこに理由なんてないのかも知れない。
やってみたいから、やる。
ただそれだけなのかも知れない。

自分の行動にはすべて意味がある、理由がある、合理的である、そういったありもしない正しさを求めてしまっているのかも知れない。
なにかから自分を守るための言い訳として。
それらはきっと後付けの理由で、ただの都合のいいストーリーで、自分は間違ってないって自分で思い込みたいだけなのかも知れない。
生きる意味なんて大したことなくて、あまり自分の考えに意味を見出し過ぎずに、もっと自分の感覚をそのまま受け入れてあげるといいのかも知れない。