本「Amazon Web Services負荷試験入門」の感想

Amazon Web Services負荷試験入門 ――クラウドの性能の引き出し方がわかる Software Design plus | 仲川 樽八, 森下 健 | 工学 | Kindleストア | Amazon を読んだ。とても勉強になった。

メモ

  • スループットとレイテンシーの認識があいまいだったが、ちゃんと認識しながらボトルネックを見つけるのが大事
  • 構成を本番と同じにしないと違う問題が出てきてよくない
  • いきなり全体をテストして大丈夫かどうかではなく、ボトルネックを正しく把握するために細かい手順を踏んで負荷テストを行っていく
Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
服を買うということ - 映画「The True Cost」の感想
Previous Post
風呂場にダイソーの防水メモ帳を置くのがよかった
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想