映画「Whiplash」の感想

少し前に Whiplash という映画を見た。

素敵な映像と音楽だった。
知っていることが増えて、見えるものが変わってきた。
組織の形と人間の繋がり。
深く潜るということと、その犠牲。
局所的に見た時の人間、大局的に見た時の人間。

少しずつだけど、英語がわかるようになってきた気がする。
最後のあのセリフ、文法や単語の意味は理解できるんだけど、きっともっと意味のある言葉なんだろうな。

菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
本「リモートチームでうまくいく」の感想
Previous Post
Android の Chrome で通知の許可設定がタップできない
Recent Posts
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想
Android の Chrome で通知の許可設定がタップできない
生きることが難しい
服を買うということ - 映画「The True Cost」の感想