本「リモートチームでうまくいく」の感想

Amazon.co.jp: リモートチームでうまくいく eBook: 倉貫義人: Kindleストア を読んだ。
書籍「リモートチームでうまくいく」を全文公開します(2020年のアップデート付き) - SonicGarden 株式会社ソニックガーデン で期間限定全文公開中。

すでにある程度のリモートワークを経験しているので特に大きな発見はなかったが、自分の感覚が大きく間違ってなさそうなことがわかってよかった。

メモ

  • 会社に属するメリットの 1 つの、利益をシェアすることで収入を安定させることができるという点は、今まで考えたことがなかった

    • 保険とかも、一定確率で誰にでも起こりうる大きい負担を全体でシェアすることで個人の負担を下げるという考え方だと思うし、最近このような考え方が重要だと思ってきているので気づけたのかも知れない
  • 利益のシェアだと考えると、積極的に知識を共有する行動にも利点が出来ていいかも知れない
  • 目指してる目的によって最適な手段は異なるので、会社に所属したりフリーで集まったりといった特定の手段がすべての目的に最適なわけじゃなくて、目的に対して手段を改善していくのが大事
  • チームとしての話は、リモートワークだから特別こうしなきゃいけない、というのはなさそう
  • 特別リモートワークに限らず、こういうチームだといい感じだよね、という話だと思った
  • 目標設定に成果を使うのではなく、時間を使う、というのはいいと思った

    • 成果は自分にはコントロールできない、自分にコントロールできるのは時間だけ
Author
菅原 浩
Web プログラマー。好きな言葉は「安定的に不安定」。オーストラリアで英語を勉強した後に、現在デンマークで幸せについて考えている。
Next Post
自分とは連続した情報であると定義する
Previous Post
映画「Whiplash」の感想
Recent Posts
Electron と Scala.js と scalajs-react と ScalaCSS を使ってアプリを作った時のログ
Scala で Flyway と Slick を使って codegen した時のログ
自分とは連続した情報であると定義する
本「リモートチームでうまくいく」の感想
映画「Whiplash」の感想